コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コテ

デジタル大辞泉の解説

こて【×鏝】

壁土やセメントを塗る道具。多くは鉄製で、平たい板に握り柄をつけたもの。
和裁で、熱して布地のしわをのばしたり、折り目をつけたりする鉄製の道具。焼きごて。
頭髪にウエーブをつけるために熱して用いる、はさみ状の整髪具。ヘアアイロン。
鋳掛けのはんだづけなどに使う、先のとがった金属の棒に柄をつけた道具

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鏝【こて】

(1)セメントや壁などを塗り,表面を仕上げるのに使う道具。曲面用,煉瓦積みの目地仕上げ用などもある。ささの葉形の薄い鉄板に木の柄をつけたものが一般的。(2)和裁用具の一つ。小型の金属部に長い柄をつけ,加熱して布にしるしや折り目をつけたり,しわをのばすのに使用。炭火で熱し焼鏝と呼ばれたが,現在は電熱式が多い。ほかに毛織物等にしるしをつけるへら鏝,特殊な形の手芸用などがある。(3)整髪用に用いるはさみ形のアイロン。(4)→はんだ鏝

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こて【鏝】

セメント・漆喰しつくいなどを塗ったり、平らにならしたりする道具。金篦かなべら
はんだ付けや鋳掛いかけなどに用いる焼きごて。
髪の毛にウェーブをかけるための鋏はさみ状の道具。熱して用いる。
裁縫用具の一。アイロンの一。縫い代しろを整えたり、印を付けたりするのに用いる。
小形のシャベル。 「移植-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鏝の関連キーワード静岡県賀茂郡松崎町伊豆の長八美術館たたき(三和土)焼き付く・焼付く大分県杵築市焼き絵・焼絵ヘアアイロンはんだ付け金篦・金箆松崎(町)ウエーブ村越滄洲冨木伊助入江長八伊豆長八しっくい香川県大津壁火熨斗電気鏝

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏝の関連情報