コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘ヶ淵(読み)カネガフチ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鐘ヶ淵
かねがふち

東京都墨田(すみだ)区北端の地名。現在、町名では堤通(つつみどおり)、墨田などにあたる。隅田(すみだ)川が大きく曲がる所で、曲ヶ淵(かねがふち)とよんだことか、または、橋場(台東(たいとう)区)から亀戸(かめいど)に普門(ふもん)院とよぶ寺が移転する際、寺鐘が水中に落ちたことが地名の由来という。江戸時代は将軍献上の野菜畑、鷹狩(たかがり)の地であった。1889年(明治22)ここに鐘淵紡績工場が設立され鐘紡(かねぼう)(のちカネボウ)の名でよばれた。現在は工場は廃止され、高層の都営住宅地に再開発されている。東武鉄道伊勢崎(いせさき)線の鐘ヶ淵駅がある。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android