コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱拍子 らんびょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乱拍子
らんびょうし

日本芸能の用語。 (1) 中世芸能に現れる特殊な足遣いの名称。またそれを含む舞踊をいう。延年系統のものにみられる。 (2) (1) を応用した能の特殊演技。現在では『道成寺』に主として用いられる。シテの足拍子と小鼓の独奏によって緊迫した特殊な舞をなす。部分的に笛と謡とが入る。歌舞伎舞踊その他の道成寺物にもこれが応用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らん‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【乱拍子】

中世芸能の舞の形式で、特殊な足踏みで踏み回る部分があるもの。現在、民俗芸能に残る。
能の舞事(まいごと)の一。小鼓(こつづみ)に笛があしらう囃子(はやし)で、特殊な足づかいで舞う舞。1が能に入ったもので、「道成寺(どうじょうじ)」のみに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

らんびょうし【乱拍子】

能の舞事の用語。足遣いを主とした特殊な舞事で,《道成寺》の白拍子(前ジテ)のみに用いる。古くは金春(こんぱる)流の《道成寺》,観世流《檜垣(ひがき)》の老白拍子,宝生流《草紙洗》の小野小町,金剛流《住吉詣》の御随身と4流それぞれにあったが,江戸時代以降は各流とも《道成寺》のみで舞われる。囃子は小鼓だけで奏する(笛がところどころでアシラウ)のが特徴で,小鼓方はやや右を向きシテに対する。長い間(ま)を置いた鋭い掛声や小鼓の打音と同時にシテは足を踏み出したり爪先やかかと上げ下ろしたりし,囃子の段ごとに足拍子を踏んで段落をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らんびょうし【乱拍子】

能の舞事の一。「道成寺」にある特殊な舞。シテ方および小鼓方の秘事。小鼓の音と小鼓方の掛け声がシテの舞を制し、足づかいに特徴がある。
民俗芸能で行われる特殊な足踏みの舞。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の乱拍子の言及

【道成寺】より

…その再興の日のこと,住職(ワキ)は能力(のうりき)(アイ)に女人禁制を申し渡す。そこへ白拍子の女(前ジテ)が来て能力に頼みこみ,舞を見せることを条件に寺内に入れてもらい,乱拍子(らんびようし)など舞ううち,隙をうかがって鐘に近づくと鐘は落下し,女はその中に消えた(〈乱拍子・急ノ舞・ノリ地〉)。能力から知らされた住職は,それは怨霊の仕業であろうと次のように物語る。…

【舞事】より

…能の舞事には,笛(能管)・小鼓・大鼓で奏する〈大小物(だいしようもの)〉と太鼓の入る〈太鼓物〉とがあるが,その両者を含めて,笛の基本の楽句である(じ)の種類によって分類されることが多い。すなわち,呂中干(りよちゆうかん)の地といわれる共用の地を用いる〈序ノ舞〉〈真(しん)ノ序ノ舞〉〈中ノ舞(ちゆうのまい)〉〈早舞(はやまい)〉〈男舞(おとこまい)〉〈神舞(かみまい)〉〈急ノ舞〉〈破ノ舞(はのまい)〉などと,それぞれが固有の地を用いる〈楽(がく)〉〈神楽(かぐら)〉〈羯鼓(かつこ)〉〈鷺乱(さぎみだれ)(《鷺》)〉〈猩々乱(《猩々》)〉〈獅子(《石橋(しやつきよう)》)〉〈乱拍子(《道成寺》)〉などの2種がある。〈序ノ舞〉は女体,老体などの役が物静かに舞うもので,《井筒》《江口》《定家》などの大小物と《小塩(おしお)》《羽衣》などの太鼓物がある。…

※「乱拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乱拍子の関連情報