コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地役人 ジヤクニン

3件 の用語解説(地役人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じ‐やくにん〔ヂ‐〕【地役人】

江戸時代、奉行郡代代官などが任地で採用した役人。
明治時代以降、東京府下の伊豆諸島で島の行政をつかさどった判任官待遇の役人。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じやくにん【地役人】

江戸時代,幕府の遠国奉行や郡代,代官が任地で採用した土着の役人。世襲で服務するが臣従関係はなく,定員も流動的で身分的にも不安定であった。水陸交通の要衝,重要貯蔵庫,治水・山林取締りの要地,鉱山所在地の役所に置かれた。浪人や下級藩士から抱え入れられ,職務内容も支配地に対応し多様であった。幕末には美濃・飛驒郡代のもとに堤方役・山林掛地役人頭取,同じく但馬・石見・陸奥代官には運上蔵役・直入役・銀山付役人組頭,寄床屋番・銀見役,関東代官には関所番・小菅囲内定番・浦賀蔵番,大津代官には大津蔵番・湖上船改下役などがおり,禄高は30俵以下が大半であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じやくにん【地役人】

江戸時代、遠国奉行・代官などが任地で採用した役人。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地役人の関連情報