コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長篠の戦 ながしののたたかい

百科事典マイペディアの解説

長篠の戦【ながしののたたかい】

1575年織田信長徳川家康連合軍武田勝頼が三河国長篠付近で戦った合戦。三河に侵入し,長篠城を囲んだ勝頼軍を,信長・家康軍が城の西約2kmの設楽原(したらがはら)に馬防柵(さく)を設け鉄砲3000挺(ちょう)の一斉射撃で武田方の突撃する騎馬軍を撃ち,これを大敗せしめた。鉄砲の威力を初めて示した画期的な戦い。
→関連項目鳥居強右衛門鳳来[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながしののたたかい【長篠の戦】

1575年(天正3)5月21日に織田信長,徳川家康の連合軍が武田勝頼の軍を三河の設楽原(したらがはら)(現,愛知県新城市)で破った合戦。武田信玄の没後,家康が長篠城を取り返したので,勝頼は前年に遠江高天神(たかてんじん)城を陥れた勢いに乗り,75年4月21日約1万(兵員数には諸説がある)の軍勢で長篠城を囲んだ。5月15日鳥居強右衛門(すねえもん)を使者にしての城主奥平信昌請いにより,勝頼軍の約3倍の兵員で家康,信長の連合軍が救援におもむき,長篠城の西約2kmの設楽原で連吾川を前にして三重の馬防柵を築き,3000挺の鉄砲を配備して武田勢を待った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の長篠の戦の言及

【鉄砲】より

…最も早くから鉄砲に注目し,鉄砲戦を軍事技術的に体系化し確立したのは織田信長である。1575年(天正3)信長は長篠の戦で3000の鉄砲隊をもって無敵の武田騎馬隊を撃破したが,この勝利の背後には堺の資金と鉄砲があったであろう。こうして戦国乱世は,鉄砲の出現によって信長,秀吉,家康と急速に天下統一の歩みを速めることになった。…

【鳥居強右衛門】より

…名は勝商(かつあき)(?)。三河国長篠城主奥平信昌の臣で,長篠の戦の際,長篠城が武田勝頼の大軍に包囲されると,救援依頼の使者となり脱出に成功したが,帰陣の寸前で捕らえられた。武田方は強右衛門に,織田信長の援軍はなく城を明け渡すことを城兵に告げれば助命するとした。…

※「長篠の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長篠の戦の関連キーワード佐久間信盛大久保忠世大般若長光鳳来〈町〉高木清秀戸田光定小幡昌盛蒲生氏郷渥美勝吉堺と鉄砲酒井忠次鳥居元忠内藤信成菅沼定盈上林政重松平家忠丹羽長秀馬場信春織田信忠酒井家次

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長篠の戦の関連情報