コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長篠城跡 ながしのじょうあと

国指定史跡ガイドの解説

ながしのじょうあと【長篠城跡】


愛知県新城(しんしろ)市長篠にある城跡。県の東部を流れる豊川の上流(寒狭(かんさ)川)と宇連(うれ)川との合流地点の崖上にあり、本丸を中心に二の丸・三の丸・弾正曲輪(くるわ)・野牛曲輪などが築かれている。一部残っている内堀と土塁が城の東側を守り、本丸の南にはJR飯田線のために分断されたが野牛曲輪の遺構がよくわかり、北側はほとんどが埋められている。1508年(永正5)に今川氏の部将、菅沼元成が築城し、以後、菅沼氏の居城となったが、今川義元が討ち死にすると、徳川家康に服属していた。1571年(元亀2)、三河に侵攻した武田軍に屈したが、武田軍が本国に撤退した隙に家康によって攻められ、城主菅沼正貞は退去、以後、家康が城を改築し、武田軍に備えた。現在残る本丸の大規模な土塁などは、このときのものである。そして1575年(天正3)、1万5000の兵を率いた武田勝頼が奥平信昌の守る長篠城に攻め込み、長篠の戦いが始まった。翌1576年(天正4)には城が損壊したこともあり、奥平信昌は新城城を築いて移り、長篠城は廃城になった。1929年(昭和4)に国の史跡に指定され、帯曲輪跡に新城市立長篠城址史跡保存館がある。JR飯田線長篠城駅から徒歩約8分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

長篠城跡の関連キーワード愛知県新城市長篠愛知県新城市豊川鳳来

長篠城跡の関連情報