コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口薫 やまぐち かおる

美術人名辞典の解説

山口薫

洋画家。群馬県生。東美校西洋画科卒。在学中より帝展国画会展に入選。卒業後渡欧、ヨーロッパ各地とエジプトを歴訪する。帰国後、新時代洋画展結成に参加。また、自由美術家協会モダンアート協会創立する。現代日本美術展で佳作賞・毎日美術賞・グッゲンハイム国際美術展国内賞・芸術選奨文部大臣賞受賞。国際形象展同人。東京芸術大学教授。昭和43年(1968)歿、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐かおる〔‐かをる〕【山口薫】

[1907~1968]洋画家。群馬の生まれ。自由美術家協会・モダンアート協会の創立に参加。詩情に満ちた清新な画風で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口薫 やまぐち-かおる

1907-1968 昭和時代の洋画家。
明治40年8月13日生まれ。パリ留学をへて自由美術家協会の結成にくわわる。戦後はモダンアート協会の設立に参加し,内外展覧会入賞。昭和35年芸術選奨。38年母校東京芸大の教授。昭和43年5月19日死去。60歳。群馬県出身。作品に「紐(ひも)」「草原を飛ぶつばさ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐちかおる【山口薫】

1907‐68(明治40‐昭和43)
洋画家。群馬県群馬郡箕郷町に生まれる。1925年東京美術学校入学。在学中から帝展,国画会展に入選,30年同校卒業とともにパリに赴く。33年帰国し,翌年村井正誠,矢橋六郎らと新時代洋画展を設立。さらにこの同人に難波田竜起,瑛九らが加わり,自由美術家協会を結成。このころから,エコール・ド・パリの影響をうけた自然主義的画風から,壺,紐などのモティーフを組み合わせた幻想的で抒情的作風に変化してゆく。この期の代表作に《紐》(1939)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やまぐちかおる【山口薫】

1907~1968) 洋画家。群馬県生まれ。自由美術家協会、モダンアート協会を設立。色彩豊かで詩情に富む作風。東京芸大教授。代表作「紐」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口薫
やまぐちかおる
(1907―1968)

洋画家。群馬県生まれ。東京美術学校西洋画科に在学中から帝展、国画会展ほかに出品し、1930年(昭和5)卒業。同年フランスに渡り、各地に旅行して33年帰国し、国画会会友となる。翌年同志と新時代洋画展を結成し、さらに自由美術家協会、第二次世界大戦後はモダンアート協会の創立に参加する。56年(昭和31)現代日本美術展で佳作賞、58年グッゲンハイム賞国際美術展国内賞のほか、第10回毎日美術賞、昭和34年度芸術選奨文部大臣賞を受ける。国内の各種展覧会のほか、サン・パウロやベネチアのビエンナーレ展に出品。また東京芸術大学教授として後進の指導にあたった。豊かな色彩とのびやかな形態の交響による、独特の詩情に満ちた画風を示す。代表作に『紐(ひも)』『母子』『田園詩』『季節の哀歓「田圃(たんぼ)と烏(からす)」』『荒れた小さい菱形(ひしがた)の沼』など。[小倉忠夫]
『『山口薫』(1968・求龍堂) ▽『山口薫 第2集』(1975・求龍堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山口薫の関連キーワード何必館・京都現代美術館群馬県立近代美術館自由美術協会美津島 徳蔵長谷川 三郎長谷川三郎朝妻 治郎榎倉康二昭和時代周 襄吉大津英敏荒井竜男正田壌山口

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口薫の関連情報