コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川路可 はせがわ ろか

美術人名辞典の解説

長谷川路可

洋画家・日本画家。神奈川県生。本名は龍三。暁星中学時代に洗礼を受け、再興院展に入選。東美校では松岡映丘に日本画を学ぶ。卒業後渡欧、フレスコ画を学び、キリスト教的主題のフレスコ・モザイク壁画を描いた。武蔵野美大教授、日本美術家連盟理事。昭和四二年(1967)歿、69才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

長谷川路可【はせがわろか】

日本画家。神奈川県生れ。本名竜三。暁星中学時代洗礼を受ける。1921年東京美術学校日本画科卒後渡欧し,1924年から西域発掘壁画を模写して1928年帰国。1950年―1965年にはローマ近郊のチビタベッキアのフランチェスコ修道院聖堂に日本の二十六聖人の殉教壁画を制作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川路可 はせがわ-ろか

1897-1967 昭和時代の日本画家。
明治30年7月9日生まれ。中学時代に洗礼をうける。松岡映丘(えいきゅう)に師事。大正10年(1921)渡欧してフレスコ画をまなぶ。作品にローマ市郊外チビタベッキアの修道院壁画「日本二十六聖人殉教図」などがある。昭和42年7月3日ローマで死去。69歳。神奈川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は竜三。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川路可
はせがわろか
(1897―1967)

画家。神奈川県藤沢市に生まれる。本名竜三。中学時代に洗礼を受け、1921年(大正10)に東京美術学校を卒業して渡欧。パリ、ベルリンでフレスコ画の技法を習得し、27年(昭和2)に帰国。翌年、松岡映丘(えいきゅう)主宰の新興大和絵(やまとえ)会に加わり、帝展出品のかたわら各地の建築装飾画を手がけ、壁画作家として知られる。50年(昭和25)ローマに赴き、チビタベッキアの日本二十六聖殉教者教会壁画制作に従事。のちにローマ名誉市民となる。57年の帰国後も意欲的な制作を続け、東京オリンピック競技場、長崎の日本二十六聖人記念館などに作品を残す。昭和42年7月3日ローマで客死した。[二階堂充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長谷川路可の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android