コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷部言人 はせべことんど

7件 の用語解説(長谷部言人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷部言人
はせべことんど

[生]1882.6.10. 東京
[没]1969.12.3. 東京
人類学者。東京大学医学部卒業。京都大学助教授,新潟医学専門学校教授,東北大学教授,東京大学教授を歴任。東京大学に初めて人類学科を創設。ドイツに留学し,R.マルティンに師事,ドイツ流自然人類学を日本に導入した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はせべ‐ことんど【長谷部言人】

[1882~1969]人類学者・解剖学者。東京の生まれ。東大卒。新潟大・東北大・東大教授。日本人類学会会長。日本人の起源を研究し、東京帝大理学部に人類学科を創設した。著作に「自然人類学概論」「日本人の祖先」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

長谷部言人【はせべことんど】

人類学者,解剖学者。東京生れ。1906年東大医学部卒,京大,新潟医専を経て東北大教授として解剖学を講義,1938年東大教授。日本人の人類学的研究を続け,ミクロネシア先住民の研究,周口店発掘遺骨研究を行った。
→関連項目明石原人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷部言人 はせべ-ことんど

1882-1969 大正-昭和時代の解剖学者,人類学者。
明治15年6月10日生まれ。解剖学を専攻。昭和13年東京帝大理学部教授となり,翌年日本最初の人類学科を創設。おもに日本人の起源を研究した。日本人類学会会長。学士院会員。昭和44年12月3日死去。87歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「自然人類学概論」「日本人の祖先」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はせべことんど【長谷部言人】

1882‐1969(明治15‐昭和44)
人類学者。東京に生まれ,1906年東京帝国大学医科大学を卒業後,京都大学解剖学教室の足立文太郎に師事し,肉眼解剖学と人類学を専攻して,日本人の脊柱の研究で医学博士の学位を得た。その後,新潟医学専門学校,東北大学の解剖学教授を歴任し,38年には東京大学理学部教授となり,翌年,日本最初の人類学科を創設した。大学を定年退官したのちも日本人類学会の総務幹事,ついで会長として長く斯学の発展に貢献し,53年には日本学士院会員に選ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はせべことんど【長谷部言人】

1882~1969) 解剖学者・人類学者。東京生まれ。東大教授。人類学科を創設。国内の貝塚を発掘し、人骨や動物遺骨・遺物に関する広範な人類学的・先史学的研究の道を開いた。著「日本人の祖先」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷部言人
はせべことんど
(1882―1969)

解剖学者、人類学者。明治15年東京に生まれる。東京帝国大学医科大学を卒業後、解剖学を専攻し、京都大学、新潟医学専門学校(現、新潟大学医学部)、東北帝国大学助教授ならびに教授を歴任した。1921~1922年(大正10~11)にドイツに留学し、解剖学研究のかたわら、R・マルチンの指導のもとに人類学を学んだ。1927~1929年(昭和2~4)には数回にわたってミクロネシア人を調査。1938年東京帝国大学教授となり、翌1939年理学部に人類学科を創設、1942年には中国の北京(ペキン)で、北京原人の調査を行った。1943年東京帝国大学を停年退官し、1944年東北帝国大学名誉教授となる。1951~1968年(昭和26~43)日本人類学会会長を務め、1953年日本学士院会員となる。
 主として日本人の人類学を研究テーマとし、多くの遺跡を発掘した。日本人の起源について連続説(移行説)を唱え、縄文時代人は現代日本人の直系の祖先であると主張した。この説は今日もその大筋は正しいと考えられている。「石器時代住民と現代日本人」「明石市附近西八木最新世前期堆積出土人類腰骨(石膏型)」「日本民族の成立」などの論文がある。[埴原和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の長谷部言人の言及

【アイヌ】より

… 北海道アイヌの骨格を最初に詳しく調査し,アイヌと本州縄文人とが互いに著しく類似することを発見した小金井良精は,アイヌが日本の縄文時代の先住民であり,のちに海外から渡来した日本人によって北へ追われたのであろうと考えた。しかし小金井に続いて日本各地の古人骨資料をさらに数多く調査した長谷部言人,清野謙次らは,アイヌばかりでなく日本人もまた,基本的には縄文時代人に由来したものであることを明らかにした。現在の知見によれば,縄文時代人は多少の地域差を示すが,全体としてかなり均質な旧石器時代人的体質の持主であった。…

【明石原人】より

…現物は45年,太平洋戦争中の東京空襲の際に焼失した。長谷部言人は,残されていたセッコウ模型について調査し,48年その原始性を指摘して,ニッポナントロプス・アカシエンシスNipponanthropus akashiensisと命名した。年代的には,直良は採取時に骨に付着していた土砂の性状から,前期更新世に比定される西八木層に埋もれていたのが崖崩れで露出落下したのであろうと主張した。…

【大洞貝塚】より

…貝層は南斜面に1ヵ所,北斜面に2ヵ所分布する。古くから数多くの研究者が調査しているが,1926年の東北大学医学部の長谷部言人,山内清男による発掘が有名である。この発掘は石器時代人骨の採集が主目的で,屈葬人骨や甕に入れられた嬰児骨などが合計16体発見された。…

【縄文文化】より

…清野謙次は,アイヌと現代日本人の共通の祖先が長い混血の歴史を経て形質上の変化を遂げてきたとする原日本人説を示した。同じく縄文時代以来の形質的変化によって,弥生人,古墳時代人を経て現代日本人になったとしながらも,その原因は混血ではなく,生活様式の変化が筋肉や骨の変化を惹起したとする長谷部言人の原日本人説がある。その後,金関丈夫は中国地方の弥生時代初期の人骨にみられる身長の高い一群に注目し,それが朝鮮半島からの渡来者集団ではないかと指摘した。…

【日本人】より

… 大正後半期に入ると,人骨資料を基にして研究が進められ,日本人の根幹は日本の国土において形成されたとする〈日本人説〉が台頭してきた。清野謙次は,主として西日本地域から多数の人骨を収集し,計測値の統計結果から日本人の起源を論じ,長谷部言人は,主として東日本から集めた人骨を資料として研究しているが,必ずしも計測値の結果にこだわらず,とくに更新世(洪積世)人類の骨格にみられた時代的変化の理論を,日本人の時代的変化の説明に用いながら考察している。清野は《古人骨の研究に基づく日本人種論》(1949)を,長谷部は《日本民族の成立》(1949)を,それぞれ研究の集大成として出版している。…

※「長谷部言人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

長谷部言人の関連キーワード早稲田大学梅屋勘兵衛(3代)金弘集スミス花房義質フォンタネージプルーインプレグランホイットニー車会党

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone