コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石原人 あかしげんじん

6件 の用語解説(明石原人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明石原人
あかしげんじん

1931年直良信夫兵庫県明石市西八木海岸で発見した左の寛骨 (腰の骨) 片から,その存在が想像された原人。実物標本は第2次世界大戦中空襲により焼失したが,長谷部言人はこの骨の形態に原始性を認め,ジャワ原人と同段階の可能性があるものとし,学名をニッポナントロプス・アカシエンシス Nipponanthropus akashiensisと命名した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あかし‐げんじん【石原人】

明石市西八木海岸で、昭和6年(1931)直良信夫(なおらのぶお)によって発見された左側腰骨により、かつて日本に住んでいたと主張された原人。更新世前期のものとされたが、標本が戦災で失われたため、確証はない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

明石原人【あかしげんじん】

1931年直良(なおら)信夫が明石市西八木海岸で発見した左腰の寛骨を,1948年長谷部言人(ことんど)が不完全な直立歩行をした原人のものと提唱,ニッポナントロプス・アカシエンシスと命名したもの。
→関連項目明石[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかしげんじん【明石原人】

1931年,直良(なおら)信夫が兵庫県明石市郊外,大久保村西八木海岸(現,明石市内)の高さ約10mの断崖下で,満潮時汀線より1mの所で採取したヒトの左側寛骨。現物は45年,太平洋戦争中の東京空襲の際に焼失した。長谷部言人は,残されていたセッコウ模型について調査し,48年その原始性を指摘して,ニッポナントロプス・アカシエンシスNipponanthropus akashiensisと命名した。年代的には,直良は採取時に骨に付着していた土砂の性状から,前期更新世に比定される西八木層に埋もれていたのが崖崩れで露出落下したのであろうと主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あかしげんじん【明石原人】

1931年(昭和6)に兵庫県明石市の西八木海岸で直良なおら信夫(1902~1985)が採集した腰骨をもとに想定された化石人類。原骨は戦災で焼失したが、長谷部言人はせべことんどが命名。のち新人に属するとされた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明石原人
あかしげんじん

兵庫県明石市大久保町西八木(にしやぎ)海岸の更新世の地層の崩壊土中から、1931年(昭和6)、直良信夫(なおらのぶお)が採集した人類の左側寛骨(かんこつ)の通称。現物は戦災により失われたが、石膏(せっこう)模型に基づいて長谷部言人(はせべことんど)が研究を行い、1948年(昭和23)、ニッポナントロプス・アカシエンシスNipponanthropus akashiensisと仮称、原人段階の人類が大陸と地続きであったころの日本に住んでいたことを主張した。同年、現地の発掘を行ったが、人骨化石には遭遇しなかった。人骨が埋没していたとされる西八木層の年代は現在では12、3万年前または5、6万年前と考えられているので、原人の骨ではない。同層から直良が採集した石器は、現在では人工品とみなされていない。1982年、遠藤萬里(えんどうばんり)、馬場悠男(ばばひさお)は、世界各地の猿人~現代人の腰骨との比較を行い、縄文時代以降の人骨との考えを発表した。1985年、春成秀爾(はるなりひでじ)が現地の再発掘を行ったが、最終的な結論を得るには至らなかった。[春成秀爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

明石原人の関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳井上財政満州事変南国太平記艾蕪パプストプラクネット球枕状構造

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明石原人の関連情報