コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷雄卿草紙 はせおきょうそうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷雄卿草紙
はせおきょうそうし

平安時代初期の漢学者紀長谷雄を主人公とする物語を描いた絵巻。 14世紀前半の作。紙本着色,1巻。永青文庫蔵。物語は,鬼とのすごろくの勝負に勝った長谷雄が絶世の美女を得るが,約束を破って 100日たたないうちに契ったため,美女は水となって流れ去ったという怪奇的なもの。絵は濃彩で描写は精緻であるが,筆づかいは硬く重たい。南北朝期のやまと絵の作風を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はせおきょうぞうし【長谷雄卿草紙】

平安初期の著名な文人,紀長谷雄(きのはせお)を主人公とする怪異な説話を,詞・絵5段に描いた14世紀前半ころの絵巻物。永青文庫蔵。内容は,長谷雄が朱雀門に棲む鬼と双六を争って勝ち,その賭け物として美女を得たが,鬼との誓いを破って百日の期日の満たぬうちに女と契りを結ぶ。すると女はたちまち水となって流れ去ってしまった。この美女は鬼が女の死体の美しいところだけを集めてつくり出したもので,百日たてば真の人間になるはずであったという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android