門前払い(読み)モンゼンバライ

デジタル大辞泉の解説

もんぜん‐ばらい〔‐ばらひ〕【門前払い】

来訪者に面会せずに、帰らせること。「門前払いを食う」
江戸時代の追放刑の中で最も軽いもので、奉行所門前から追い出すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんぜんばらい【門前払い】

面会しようとして来た人に会わず、むなしく帰らせること。 「 -を食わせる」 「 -にする」
江戸時代、無宿者の犯罪者などを奉行所の門前から追い放ったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

門前払いの関連情報