コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退ける/斥ける シリゾケル

4件 の用語解説(退ける/斥けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しり‐ぞ・ける【退ける/斥ける】

[動カ下一][文]しりぞ・く[カ下二]
後方へ下がらせる。引き下がらせる。その場から遠ざける。「通訳を―・けて会談する」
こちらに向かって来るものを負かしたり、寄せつけず追い返したりする。撃退する。「攻め来る敵を―・ける」「凡打に―・ける」「誘惑を―・ける」
申入れ・主張などを受け入れないで、拒む。「審議会の勧告を―・ける」「控訴を―・ける判決」
職や地位を辞めさせる。「反対派を役員から―・ける」

ど・ける【退ける】

[動カ下一][文]ど・く[カ下二]場所をあけるために、そこにあったものを他の場所へ移す。のける。どかす。「故障車を―・ける」

の・ける【退ける/除ける】

[動カ下一][文]の・く[カ下二]
そこから他の場所へ移したり、行かせたりする。しりぞける。「道に積もった雪を―・ける」「人を―・けて密談する」
取りのぞく。除外する。「不良品を―・ける」
取り分けて残す。別にする。「売約済の品を―・けておく」
仲間からはずす。のけものにする。「グループから―・けられる」
間に隔たりを置く。離す。
「(横笛ノ)この穴を吹くときは、かならず(吹キ口カラ口ヲ)―・く」〈徒然・二一九〉
(補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、やりにくいことをみごとに、また、思いきってやってしまう意を表す。「少ない日程で作業をやって―・ける」「言いたいことを相手構わず言って―・ける」
除(のぞ)く[用法]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どける【退ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ど・く
〔「のける」の転。近世以降の語〕
邪魔な物をその場所からわきへうつす。どかす。 「通れないからその椅子を-・けて下さい」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

退ける/斥けるの関連キーワード怖ける絎ける煤ける遠退ける蒸ける蓬ける痩けるささ・ける老けるふや・ける

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone