謝する(読み)シャスル

デジタル大辞泉 「謝する」の意味・読み・例文・類語

しゃ・する【謝する】

[動サ変][文]しゃ・す[サ変]《古くは「じゃする」とも》
あやまる。わびる。「失礼を―・する」
感謝する。礼を言う。「厚意に―・する」
ことわる。謝絶する。「申し出を―・する」
いとまごいをして立ち去る。辞去する。「恩師もとを―・する」
とり除く。払い落とす。
亡魂の恨みを―・すべし」〈太平記一一
[類語]断る謝るわびるわびわび言平謝り陳謝謝罪多謝恐縮有り難いかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐懼恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「謝する」の意味・読み・例文・類語

しゃ‐・する【謝】

  1. ( 古くは「じゃする」とも )
  2. [ 1 ] 〘 自動詞 サ行変 〙
    [ 文語形 ]しゃ・す 〘 自動詞 サ行変 〙
    1. いとまごいをして立ち去る。辞去する。立ち退(の)く。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
      1. [初出の実例]「声聞の戒は、色心の執着を離れずして受るが故に、壊すれば戒体も又随て謝する」(出典:慈雲短篇法語(1804))
    2. 花などがしぼむ。しぼんで落ちる。凋落(ちょうらく)する。おとろえる。
      1. [初出の実例]「長峯五十町、花既謝尽」(出典:実隆公記‐明応五年(1496)閏二月一九日)
      2. 「花謝して新葉を生ず」(出典:日本教育史略(1877)文芸概略〈榊原芳野〉)
  3. [ 2 ] 〘 他動詞 サ行変 〙
    [ 文語形 ]しゃ・す 〘 他動詞 サ行変 〙
    1. あやまる。詫びる。謝罪する。
      1. [初出の実例]「但し来りて悔い謝(サアセ)は〈略〉彼に歓喜を施す」(出典:蘇悉地羯羅経寛弘五年点(1008)中)
    2. 感謝する。礼を言う。
      1. [初出の実例]「鬼、甚だ喜て逈に謝す」(出典:今昔物語集(1120頃か)九)
      2. 「誠に存命すとも謝(ジャシ)難くこそ候へ」(出典:太平記(14C後)四)
    3. ことわる。謝絶する。
      1. [初出の実例]「玄機は人を屏(しりぞ)けて引見し、僮僕に客を謝(シャ)することを命じた」(出典:魚玄機(1915)〈森鴎外〉)
    4. 恨みなどを晴らす。とり除く。払い落とす。たち切る。
      1. [初出の実例]「遺恨のいたり、謝(シャ)するところをしらず」(出典:金刀比羅本保元(1220頃か)上)
    5. ひけをとる。譲る。
      1. [初出の実例]「綺羅脂粉粧無暇、不巫山一片雲」(出典:本朝文粋(1060頃)一・貧女吟〈紀長谷雄〉)

謝するの補助注記

( 1 )「謝」の字音は、呉音ジャ、漢音シャで、古くは濁音であった。
( 2 )[ 二 ]の「蘇悉地羯羅経寛弘五年点‐中」の「謝(サアセ)は」は、字音を片仮名で正確に表記しようとした例である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例