花畠教場(読み)はなばたけきょうじょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「花畠教場」の解説

花畠教場
はなばたけきょうじょう

岡山藩の初期藩学。陽明学。1641年(寛永18)藩主池田光政(みつまさ)が城下郊外花畠の地に創設。石山(いしやま)仮学館を経て岡山藩学校となる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「花畠教場」の解説

はなばたけ‐きょうじょう ‥ケウヂャウ【花畠教場】

備前国(岡山県)岡山藩の藩校。寛永一八年(一六四一)池田光政が創設したわが国でもっとも古い藩校。漢学習礼を指導。のち石山仮学館と改称。寛文九年(一六六九)岡山藩学校となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「花畠教場」の解説

花畠教場【はなばたきょうじょう】

備前岡山藩主池田光政が1641年城下の花畠別邸に設けた学問所。熊沢蕃山らが招かれ,藩士の子弟を教育した。日本最古の藩校とされ,のちに岡山藩学校と改称。→閑谷学校

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android