コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関係代名詞(読み)かんけいだいめいし(英語表記)relative pronoun

翻訳|relative pronoun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関係代名詞
かんけいだいめいし
relative pronoun

従属節を連結する役割をもつ代名詞のこと。たとえば"Heaven helps those who help themselves." (天はみずから助くる者を助く) で,whoは直前の thoseを代表するとともに,以下の従属節の主語の役割を果している。ヨーロッパの言語に広くみられる。指示代名詞,疑問代名詞から発達したものが多い。なお,従属節を連結する働きをもつ副詞を関係副詞といい,関係代名詞と合せて関係詞ということがある。日本語,朝鮮語,アルタイ諸語には関係代名詞がない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんけいだいめいし【関係代名詞】

英語・ドイツ語・フランス語などで、接続詞と代名詞の機能を合わせもつ代名詞。関係節の先頭に立ち、人称・性・数は先行詞と一致し、格は関係節の中の働きにより決まる。英語の who, which ドイツ語の der フランス語の que, qui など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関係代名詞
かんけいだいめいし

代名詞の機能と関係節を表示する機能とをあわせもつ文法要素。関係節はその外部にある名詞(主名詞)を修飾する働きをもつ。関係節と主名詞とは、主名詞に意味上対応する要素が関係節内に含まれることによって関係づけられる。たとえば、「〔私が(そこで)この本を買った〕書店」において、〔 〕内が関係節、「書店」が主名詞、( )内が主名詞に意味上対応する要素(かりに「節内要素」とよぶ)である(節内要素は通例削除される)。また、関係節内には、関係節であることを示す要素(「関係節標識」)が加えられることがある(〔私がこの本を買ったトコロノ〕書店)。
 関係節の構成法は言語によってかなり異なる。日本語では節内要素が削除されるが、主語、目的語以外の場合には(上例のように)代名詞となって節内に残りうる。また通例、関係節標識は使われない。一方、言語によっては、節内要素が代名詞として残り、かつそれが関係節標識を兼ねる場合がある。これが関係代名詞であり、ヨーロッパ語の多くにみられる。関係節内での関係代名詞の位置は文法関係によらずつねに節の先頭(および節の先頭にくる名詞句または前置詞句の内部)である。次に英語からの例を示す。‘the man〔who loves Mary〕’‘the bookshop〔which I bought this book at〕’=‘the bookshop〔at which I bought this book〕’この場合、主名詞は、つねに関係節に先行するので、「先行詞」とよばれることが多い。[山田 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android