コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関山貝塚 せきやまかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関山貝塚
せきやまかいづか

埼玉県蓮田市関山にある,縄文時代前期の遺跡胎土に繊維を含み,縄文の発達した関山式土器を出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

関山貝塚【せきやまかいづか】

埼玉県蓮田市関山にある縄文(じょうもん)前期の遺跡。貝層はおもにハイガイ,シジミで構成。出土の土器は繊維を混入した深鉢の平底の土器で,縄文がきわめて発達している。
→関連項目蓮田[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

関山貝塚の関連キーワード埼玉県蓮田市関山

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android