闇汁(読み)ヤミジル

デジタル大辞泉の解説

やみ‐じる【闇汁】

持ち寄った材料を、暗がりの中で鍋(なべ)で煮て、何が入っているかわからないまま食べて興じるもの。闇鍋 冬》「―の杓子(しゃくし)を逃げしものや何/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やみじる【闇汁】

灯火を消した暗やみの中で,めいめいが持ちよった一品ずつの材料を大なべに煮立てた汁の中に投じ,ころあいをはかって暗中模索してすくい上げて食べるという飲食遊戯。明治・大正期の書生たちが盛んに行ったもので,正岡子規俳誌ホトトギス》の発行所などでしばしばこの催しを楽しんでいる。 飲食遊戯ないしは遊戯的共食は,いちおう衣食が充足された状況下では必ず起こるもので,日本では10世紀ころから闘飲(とういん)(大酒大食会)とともに頻繁に行われた一種物(いつすもの)がその先蹤(せんしよう)といえよう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やみじる【闇汁】

各自が思い思いの食品を持ち寄り、明かりを消した暗がりの中で座にある鍋なべに入れて煮込み、何が入っているのかわからないまま食べ興じるもの。闇鍋。 [季] 冬。 -の杓子を逃げしものや何 /虚子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

闇汁
やみじる

手当たりしだいの材料を入れてつくった鍋(なべ)料理。これは美味をつくりだす料理ではなく、味を中心とする一種の遊びである。何人かが各自変わった材料を持ち寄り、それが何であるかをお互いに発表しない。鍋に水を少々張って火にかけ、灯火を消して持参の材料を鍋の中に入れる。しばらく煮てから、暗闇の中であるいは灯火をつけて、鍋の中のものを食べる。食べられないものや毒のあるものは加えないのを原則とする。そして、箸でつまんだものはかならず食べなければならないという決まりであった。ときにはすばらしいごった煮ができるが、甘いぼた餅などを入れて全体を甘ったるくしてしまうといった悪いいたずらをすることもあった。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やみ‐じる【闇汁】

〘名〙 冬などに、持ち寄った食物を鍋で煮て、灯火を消した暗闇の中で食べること。また、その料理。何がはいっているかわからないのを食べて興じるもの。闇鍋。闇の夜汁。《季・冬》
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「田川を乾して鮒鯰をとって一所に闇汁(ヤミシル)を啜ったり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android