コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防災林 ぼうさいりん

3件 の用語解説(防災林の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防災林
ぼうさいりん

森林の防災機能を利用し,災害防止の役割を課した森林で,保安林のうち特に水害防備林,なだれ防止林,防潮林,防風林,飛砂防備林,防霧林などの局所防災的なものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうさいりん【防災林】

各種の災害を防止あるいは緩和する目的で造成された森林。災害防止林ともいう。森林の構造はこの種の公益機能を有しているので,保安林として公的に指定される場合が多いが,保安林すなわち防災林とはいえない。しかし保安林のうち,飛砂防備林,防風林,水害防備林,防潮林,防霧林,なだれ防止林は防災林とみなしてよい。そのほか,保安林ではないが防音林,防煙林もこれに含まれる。近年の乱開発にともなう大気汚染その他の諸公害の発生は,社会的に大きな問題となっており,この対策の一つとしての緑地を残す規制措置(残置森林という)や開発区域内の緑地造成義務,あるいは環境を守る環境保全林も,人的な公害防止の森林として防災林の一部とみることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防災林
ぼうさいりん

自然現象や人為的な原因で起こる災害から、宅地や道路、農地などの被害を防止、軽減するためにつくられた人工の森林。民間や個人で設ける場合もあるが、森林法に定められた公益的機能に基づく保安林として指定されていることが多い。各種の保安林のうち、以下の11種類が、災害を防止する目的で設けられた防災林に該当する。(1)土砂流出防備保安林(樹木の根や落ち葉によって土砂の流出や侵食を防ぐ)。(2)土砂崩壊防備保安林(不安定な地盤の崩壊の防止)。(3)飛砂防備保安林(飛砂の防止)。(4)防風保安林(強風による被害を防ぐ)。(5)水害防備保安林(河川の氾濫(はんらん)の防止や水勢の緩和)。(6)潮害防備保安林(津波や高潮による被害の防止)。(7)防雪保安林(吹雪(ふぶき)から道路や鉄道を守る)。(8)防霧保安林(耕地を海霧から守る)。(9)なだれ防止保安林(なだれの発生を防ぎ、発生時には緩衝帯となる)。(10)落石防止保安林(落石による危険を抑制する)。(11)防火保安林(燃えにくい樹種により火災の延焼を防ぐ)。
 このような保安林以外に、集落付近の山地災害を防止する里山防災林、野生動物による農作物被害を防ぐため、人とすみ分ける地域の森林を整備する野生動物育成林なども防災林の一つといえる。
 2011年(平成23)3月の東日本大震災では、海に近い集落を飛砂や塩害、強風、高潮などから守ってきた海岸防災林が壊滅的な被害を受けた。その被害は青森県から千葉県に至る海岸沿いに約3700ヘクタールにも及んだが、一方で、津波の威力を緩和し、海上の漂流物が地上へ侵入することを防ぐなどといった減災効果が明らかになった。林野庁では、流出や水没、倒伏などで損なわれた被災地の140キロメートルに及ぶ海岸防災林の再整備を進めている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防災林の関連キーワードサバ幹緩衝緑地災害派遣災害補償老化防止剤風邪薬高水工事緩和剤干害防止効果膝蓋脱臼用蹄鉄 (stifled shoe)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防災林の関連情報