防火管理者(読み)ボウカカンリシャ

  • ぼうかかんりしゃ バウクヮクヮンリシャ
  • ぼうかかんりしゃ〔バウクワクワンリシヤ〕

デジタル大辞泉の解説

学校・病院・工場・オフィス・商業施設・共同住宅など不特定多数の人が利用する建物・施設において、火災による被害を防止するため、消防計画の作成、消防用設備の維持管理、消火・避難訓練の実施など、防火管理上必要な業務を行う責任消防法に基づいて、建物・施設の管理権原者が選任する。国家資格。所定の講習を修了することで取得できる。→防災管理者統括防火管理者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

学校や病院などで、消防用設備の点検整備や消防訓練の実施その他の防火管理上必要な業務を行う者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 学校、病院、工場、興行場などに置かれて、消火、通報、防火設備の整備、火気取扱の監督など防火に関する業務にあたる責任者。
※消防法(1948)八条「政令で定める資格を有する者のうちから防火管理者を定め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防火管理者の関連情報