コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀胸割 あみだのむねわり

4件 の用語解説(阿弥陀胸割の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿弥陀胸割
あみだのむねわり

浄瑠璃,説教節。本地物。6段。柳亭種彦の『用捨箱』によれば,六字南無右衛門作という。慶長 19 (1614) 年の上演記録がある。阿弥陀が孝女の身代りになるという霊験談。 (あやつり) 草創期の代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あみだのむねわり【阿弥陀胸割】

古浄瑠璃本地物(ほんじもの)。六段。六字南無右衛門作といわれ、慶長19年(1614)上演の記録がある。他人の難病を治すため、娘が自分の生き肝をささげようとすると、阿弥陀身代わりになって、その胸から血を流す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あみだむねわり【阿弥陀胸割】

説経節の曲名。《三壺聞書(さんとうききがき)》の慶長18年(1613)の条に上(浄)瑠璃として上演された記録があるが,古浄瑠璃の正本に慶安4年(1651)板《むねわり》がある。説経節には天満(てんま)八太夫の正本が貞享から宝永(1684‐1711)にかけて3本ある。大万長者の子,松若の病を治すために生胆を差し出した天寿という女性が,阿弥陀の身代りで救われる霊験譚。阿弥陀の胸から膝にかけて人間と同じ血が流れていたというところに宗教的な感動がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あみだのむねわり【阿弥陀胸割】

古浄瑠璃、本地物の一。1614年の上演記録がある。因果応報と仏を信ずる者は大慈悲に浴しうることを説く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿弥陀胸割の関連キーワード五説経愛護の若聞き書き・聞書き説経語り説経祭文早苗鳥伊達聞書TOTO(東陶機器)山田四郎右衛門東野州聞書改良説経節

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone