コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀胸割 あみだのむねわり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿弥陀胸割
あみだのむねわり

浄瑠璃,説教節。本地物。6段。柳亭種彦の『用捨箱』によれば,六字南無右衛門作という。慶長 19 (1614) 年の上演記録がある。阿弥陀孝女身代りになるという霊験談。 (あやつり) 草創期の代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あみだのむねわり【阿弥陀胸割】

古浄瑠璃本地物(ほんじもの)。六段。六字南無右衛門作といわれ、慶長19年(1614)上演の記録がある。他人の難病を治すため、娘が自分の生き肝をささげようとすると、阿弥陀身代わりになって、その胸から血を流す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あみだむねわり【阿弥陀胸割】

説経節の曲名。《三壺聞書(さんとうききがき)》の慶長18年(1613)の条に上(浄)瑠璃として上演された記録があるが,古浄瑠璃正本に慶安4年(1651)板《むねわり》がある。説経節には天満(てんま)八太夫の正本が貞享から宝永(1684‐1711)にかけて3本ある。大万長者の子,松若の病を治すために生胆を差し出した天寿という女性が,阿弥陀の身代りで救われる霊験譚。阿弥陀の胸から膝にかけて人間と同じ血が流れていたというところに宗教的な感動がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あみだのむねわり【阿弥陀胸割】

古浄瑠璃、本地物の一。1614年の上演記録がある。因果応報と仏を信ずる者は大慈悲に浴しうることを説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

阿弥陀胸割の関連キーワード因果応報大慈悲浄瑠璃説経

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android