降魔(読み)ごうま

  • ▽降魔
  • がま
  • ごうま ガウ‥
  • ごうま〔ガウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

降伏 (ごうぶく) すること。釈迦八相の一つ。釈尊がいままさに悟りに達しようとして菩提道場 (ぼだいどうじょう。悟りを開く場所) に坐しているとき,魔王波旬はその美しい娘をつかわしていろいろに誘惑し,あるいは幾億もの異形の魔軍を送って恐怖させて,その悟りを妨げようとしたが,ことごとく釈尊に伏され退散させられた。これら魔女や魔軍は人間の煩悩の象徴とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がうまの転
ごうま(降魔)に同じ。
心の中に生じる煩悩魔や外から襲ってくる天魔などの悪魔を、仏法の力によって打ち倒すこと。悪魔を降伏ごうぶくすること。がま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悪魔を退治し降伏(ごうぶく)すること。悪魔の誘惑を克服すること。仏伝によれば、釈尊(しゃくそん)(釈迦(しゃか))が悟りを完成させんがために菩提樹(ぼだいじゅ)の下で禅定(ぜんじょう)に入っていたとき、いろいろな悪魔が甘言をもって誘惑したり、暴威をもって脅迫したが、釈尊はそれらの妨害をすべて退けた。これを「降魔」という。実際は、釈尊が心の中の煩悩(ぼんのう)に打ち勝ったことを表現したものである。仏の一生涯で重要な八つの事件、すなわち八相(はっそう)(降兜率(ごうとそつ)、託胎(たくたい)、降生(ごうしょう)、出家(しゅっけ)、降魔、成道(じょうどう)、説法、涅槃(ねはん))の一つ。[阿部慈園]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「がうま(ごうま(降魔))」の変化した語) 悪魔を降伏させること。ごうま。→降魔(がま)の相。〔名語記(1275)〕
(「ごう」は「降」の呉音)
[1] 仏語。悪魔を降伏(ごうぶく)させること。悟りの妨害となるものをしりぞけること。がま。
※本朝文粋(1060頃)一四・為覚蓮僧都四十九日願文〈大江以言〉「法軍降魔之兵長去」
※九冊本宝物集(1179頃)四「大聖不動明王は、悪業ぼんなうのおんてきをふせがんがために、降魔のすがたを現じ給ふ」
[2] 謡曲。五番目物。廃曲。観世彌次郎長俊作。第六天の魔王は美女に化けて釈尊の悟りを妨げようとするが、かえって降伏させられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android