コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扱き下ろす コキオロス

デジタル大辞泉の解説

こき‐おろ・す【扱き下ろす】

[動サ五(四)]
しごいて落とす。こき落とす。
「煙筒からは風に―・された煙の中にまじって火花が飛び散っていた」〈有島カインの末裔
欠点などを殊更に指摘して、ひどくけなす。「上役を―・して溜飲(りゅういん)を下げる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こきおろす【扱き下ろす】

( 動五[四] )
ことさらに悪く言う。ひどくけなす。 「人の説をさんざんに-・す」
しごいて落とす。 「花-・す春の山風/散木奇歌集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

扱き下ろすの関連キーワード散木奇歌集煙筒

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扱き下ろすの関連情報