罵詈雑言(読み)ばりぞうごん

四字熟語を知る辞典「罵詈雑言」の解説

罵詈雑言

相手に向かって、悪口限りを尽くすこと。また、そのことば。

[使用例] 彼が一高を落ちれば毅は別の罵詈雑言を考え出したにちがいない[三島由紀夫*青の時代|1950]

[使用例] ありとあらゆるから出まかせの罵詈雑言を簿記帳に向かってたたきつけ[大庭みな子*がらくた博物館|1975]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「罵詈雑言」の解説

ばり‐ぞうごん ‥ザフゴン【罵詈雑言】

〘名〙 相手に向かって、悪口の限りを尽くすこと。また、そのことば。
※青の時代(1950)〈三島由紀夫〉三「彼が一高を落ちれば毅は別の罵詈雑言(バリザフゴン)を考へ出したにちがひない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「罵詈雑言」の解説

ばり‐ぞうごん〔‐ザフゴン〕【罵×詈雑言】

口を極めた悪口。「罵詈雑言を浴びせる」
[類語]悪口わるくち陰口誹謗謗り中傷悪口あっこう雑言罵詈悪態悪罵嘲罵痛罵怒罵面罵罵倒讒謗悪たれ口憎まれ口悪し様ぼろくそ口汚いくそみそこき下ろすけなくさそしけちを付ける難癖を付ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android