コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰茎腫瘍 いんけいしゅよう

家庭医学館の解説

いんけいしゅよう【陰茎腫瘍】

 陰茎の亀頭部(きとうぶ)や包皮(ほうひ)に発生する腫瘍です。
 包茎(ほうけい)がその発生にかかわると考えられているのが陰茎がんで、高齢者におこりやすいのですが、発生頻度は高くありません。陰茎がんの詳しい解説については、「男性性器のがん」の陰茎がん(「陰茎がん」)を参照してください。
 ただし、陰茎にできる腫瘍には、良性もあります。良性腫瘍では、尖圭(せんけい)コンジローマ(「尖圭コンジローマ(男性の)」)がその代表です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陰茎腫瘍
いんけいしゅよう

陰茎に発生する腫瘍は良性と悪性に大別され、良性腫瘍のほとんどが尖圭(せんけい)コンジローム(尖圭コンジローマ)であり、悪性腫瘍の大部分は陰茎癌(がん)である。両者とも原因として包茎が関係している。[田崎 寛]

尖圭コンジローム

冠状溝周辺に多く発生し、包茎による湿った状態で好発する。腫瘍は数ミリメートルの大きさで、表面がざらざらしてピンク色を呈する。ウイルス感染によるといわれ、細菌感染を合併すると黄色調になり、悪臭を放つ。治療としては、殺菌作用をもつクリームの塗布で、かなりの大きさのものまで消失するが、大きなものは電気焼灼(しょうしゃく)または抗腫瘍剤ポドフィリンの塗布を行う。[田崎 寛]

陰茎癌

冠状溝周辺の亀頭(きとう)部に小さな潰瘍(かいよう)を伴う硬結として発生し、しだいに不整形で黄色に変化して悪臭を放つ。細菌感染を合併すると疼痛(とうつう)を伴う。鼠径(そけい)部リンパ節に転移しやすい。組織像は扁平(へんぺい)上皮癌で、発生年齢は20~70歳代まで幅広い。治療として陰茎切断術、放射線療法、化学療法がある。[田崎 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陰茎腫瘍の関連キーワード陰茎癌田崎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android