コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰茎腫瘍 いんけいしゅよう

2件 の用語解説(陰茎腫瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いんけいしゅよう【陰茎腫瘍】

 陰茎の亀頭部(きとうぶ)や包皮(ほうひ)に発生する腫瘍です。
 包茎(ほうけい)がその発生にかかわると考えられているのが陰茎がんで、高齢者におこりやすいのですが、発生頻度は高くありません。陰茎がんの詳しい解説については、「男性性器のがん」の陰茎がん(「陰茎がん」)を参照してください。
 ただし、陰茎にできる腫瘍には、良性もあります。良性腫瘍では、尖圭(せんけい)コンジローマ(「尖圭コンジローマ(男性の)」)がその代表です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陰茎腫瘍
いんけいしゅよう

陰茎に発生する腫瘍は良性と悪性に大別され、良性腫瘍のほとんどが尖圭(せんけい)コンジローム(尖圭コンジローマ)であり、悪性腫瘍の大部分は陰茎癌(がん)である。両者とも原因として包茎が関係している。[田崎 寛]

尖圭コンジローム

冠状溝周辺に多く発生し、包茎による湿った状態で好発する。腫瘍は数ミリメートルの大きさで、表面がざらざらしてピンク色を呈する。ウイルス感染によるといわれ、細菌感染を合併すると黄色調になり、悪臭を放つ。治療としては、殺菌作用をもつクリームの塗布で、かなりの大きさのものまで消失するが、大きなものは電気焼灼(しょうしゃく)または抗腫瘍剤ポドフィリンの塗布を行う。[田崎 寛]

陰茎癌

冠状溝周辺の亀頭(きとう)部に小さな潰瘍(かいよう)を伴う硬結として発生し、しだいに不整形で黄色に変化して悪臭を放つ。細菌感染を合併すると疼痛(とうつう)を伴う。鼠径(そけい)部リンパ節に転移しやすい。組織像は扁平(へんぺい)上皮癌で、発生年齢は20~70歳代まで幅広い。治療として陰茎切断術、放射線療法、化学療法がある。[田崎 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陰茎腫瘍の関連キーワード陰茎包茎勃起陰核亀頭後頭部頭部頭部浸食包皮連記投票

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone