コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶枕 トウチン

デジタル大辞泉の解説

とう‐ちん〔タウ‐〕【陶枕】

陶磁器製の。中国から渡来。夏に使われる。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうちん【陶枕】

陶製の枕。長さ20~30cmの長方形を呈し,頂部は方形,如意形などになっている。中国では唐代からあり,唐三彩,黒釉,長沙窯などで作られている。宋代の磁州窯系の枕が最も多く,〈邯鄲夢の枕〉で名高い。白釉刻花,白釉搔落し,三彩,鉄絵などがあり,〈張家造〉などのスタンプ銘がある。朝鮮では高麗青磁に陶枕がみられる。元・明代にも陶枕はつくられたが,宋代の磁州窯系の陶枕の魅力にはおよばない。【弓場 紀知】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうちん【陶枕】

陶磁製のまくら。夏に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陶枕
とうちん

陶磁製の枕(まくら)。磁枕、陶磁枕などともいい、色によって青磁枕、白磁枕などの称もあり、形状・種類ともに甚だ多い。古く中国から渡来したもので、中世の説話集『十訓抄(じっきんしょう)』(1252成立)にも、右大臣の徳大寺公継(きんつぐ)が獅子(しし)の形をした陶枕を女房のもとへ贈った、との記事がみられ、江戸時代には、その硬く、ひんやりとした感触が文人の間で喜ばれ、昼寝などに広く愛用された。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陶枕の関連キーワード徳大寺公継石枕

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android