コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰生植物 いんせいしょくぶつ shade plant

4件 の用語解説(陰生植物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰生植物
いんせいしょくぶつ
shade plant

日照量の少い場所でもよく生育できる植物を総称していう。日当りを好む陽生植物の対概念。概して葉は薄くて広く,弱い光を全面に受けて能率よく光合成を行う反面,呼吸量は少くてすむ。したがって,補償点は低くて,100~500lxである (陽生植物では 1000lx以上) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いんせい‐しょくぶつ【陰生植物】

日陰の地に生育できる植物。カンアオイドクダミシイブナアオキなど。陰地植物。⇔陽生植物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いんせいしょくぶつ【陰生植物】

光が比較的少ない条件下でも生育しうる植物の総称。ブナ・シラビソなどの幼樹、森林内の草本類、シダ植物・コケ植物など。陰地植物。 ↔ 陽生植物

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陰生植物
いんせいしょくぶつ

樹林下などの日陰の場所でよく生育する植物。群落内では上層の葉層によって光を遮られ、しかも風通しもよくない。したがって空中湿度は高く、温度は低いままで、あまり変わらないという環境条件となる。陰生植物はこうした環境に適応するため、一般に陰葉が発達し、葉色は濃色で、茎は伸長し、目だたない花をつける植物が多く、いずれも弱光下で合理的な物質生産を行うことができる。代表的な種は、樹木ではアオキ、ヤブツバキ、ネズミモチ、ヒサカキ、アリドオシなど常緑広葉樹木が多い。草本植物ではカンアオイ、ジャノヒゲキチジョウソウフッキソウ、カンスゲ、イノデ、ヤブソテツなどの常緑植物や、ヤブマオ、ムカゴイラクサ、ドクダミ、ミズ、チャルメルソウなどがあげられる。コケ植物には陰生植物とよべる種がきわめて多い。[奥田重俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陰生植物の関連キーワード照渡る光が丘IMA光ガルヴァニ効果福島県福島市光が丘群馬県前橋市光が丘町東京都練馬区光が丘石川県金沢市光が丘滋賀県大津市光が丘町兵庫県宝塚市光ガ丘福岡県筑紫野市光が丘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone