コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰樹 いんじゅtolerant tree; shade tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰樹
いんじゅ
tolerant tree; shade tree

直射日光を避け,日陰を好んで生育する樹木。ヒノキ,ツゲ,ブナなど。植物群落の遷移では,陰樹林極相 (最終段階) となる。ゼニゴケなどとともに陰地植物 shade living plantともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いん‐じゅ【陰樹】

幼樹のころに日陰でも生育できる樹木。ブナシイカシなど。→陽樹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いんじゅ【陰樹 shade tree】

耐陰性が強くて陰地に生育できる木本植物。ふつう,若いときには強い光の下で生長することができないが,ある程度の樹高に達してからは,むしろ強い光を受けると生長がさかんになる。モミ,ヒノキ,オオシラビソなどの裸子植物や,ブナ,シイ,タブノキなどの被子植物などが代表的な例である。これらの樹種が森林に入りこむと,やがて他の樹種を圧倒して陰樹の林をつくり,その状態で安定する。したがって極相をつくるのは陰樹の林であり,原生林では陰樹が優先している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いんじゅ【陰樹】

日陰や半日陰の土地に耐えて生育する樹木。陽樹林に侵入して繁殖し、やがて陰樹だけの林となる。シラビソ・トドマツ・ブナなど。
雌雄異株の樹木で、雌花だけをつける木。
▽⇔ 陽樹

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陰樹
いんじゅ

日なたにも生活するが、かなりの日陰にも耐えられる樹木のことで、陽樹に対する学術語。一般に森林が発達する際には、まず陽樹林が形成されるが、やがて陰樹が侵入生育し、ついには陰樹による極相林が形成される。シラビソ、シイ、カシ、アオキ、ブナなどが代表的な種である。[奥田重俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陰樹の関連キーワードホウオウボク(鳳凰木)ベンガルボダイジュトネリコバノカエデカヤ(イチイ科)植木(園芸樹木)ペパー・トリードイツトウヒアカタネノキカエンボクマカダミアキャラボク乾生遷移陰生植物陽生植物パンノキ夏緑樹林クロヨナイヌガヤ湿生遷移ラワン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android