陰樹(読み)いんじゅ

精選版 日本国語大辞典「陰樹」の解説

いん‐じゅ【陰樹】

〘名〙
① 雌雄異株の植物で、雌花だけを持っているほうの木。めぎ。⇔陽樹。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 日陰に耐え、少ない光のもとでも生育することができる樹木ヤツデ、アオキ、エゾマツなどの類。⇔陽樹
③ (「蔭樹」とも書く) 葉や枝をひろげて、かげを作っている木。
三国伝記(1407‐46頃か)四「蔭樹の下に置て我が農作を営み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「陰樹」の解説

陰樹
いんじゅ

日なたにも生活するが、かなりの日陰にも耐えられる樹木のことで、陽樹に対する学術語。一般に森林が発達する際には、まず陽樹林が形成されるが、やがて陰樹が侵入生育し、ついには陰樹による極相林が形成される。シラビソ、シイ、カシ、アオキ、ブナなどが代表的な種である。

[奥田重俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「陰樹」の解説

陰樹
いんじゅ
tolerant tree; shade tree

直射日光を避け,日陰を好んで生育する樹木。ヒノキ,ツゲ,ブナなど。植物群落遷移では,まず陽樹が生育し,その後,陰樹に代わり,陰樹林が極相(最終段階)となる。ゼニゴケなどとともに陰地植物 shade living plantともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「陰樹」の解説

いんじゅ【陰樹 shade tree】

耐陰性が強くて陰地に生育できる木本植物。ふつう,若いときには強い光の下で生長することができないが,ある程度の樹高に達してからは,むしろ強い光を受けると生長がさかんになる。モミ,ヒノキ,オオシラビソなどの裸子植物や,ブナ,シイ,タブノキなどの被子植物などが代表的な例である。これらの樹種が森林に入りこむと,やがて他の樹種を圧倒して陰樹の林をつくり,その状態で安定する。したがって極相をつくるのは陰樹の林であり,原生林では陰樹が優先している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android