コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離俗 リゾク

デジタル大辞泉の解説

り‐ぞく【離俗】

[名](スル)世俗を離れること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りぞく【離俗】

俳諧用語。蕪村は門弟召波の《春泥句集》(1777)に寄せた序文の中で,〈俳諧俗語を用ひて俗を離るるを尚ぶ。俗を離れて俗を用ゆ。離俗の法最もかたし〉としるしている。俳諧に用いられる言葉は,ことさらにあらたまった雅語のようなものではなく,だれもが日常に使う平易な俗語でなければならず,しかも俗から離れなければならないという。これは蕪村の俳諧の基本的な態度,方法をあらわすものである。俗と離俗と同時におこなおうとすることは,芭蕉の〈高く悟りて俗に帰るべし〉につながるものであろうが,蕪村の場合,俗に〈帰る〉よりも,俗から〈離れる〉ことが強調されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りぞく【離俗】

( 名 ) スル
俗事・俗世間を離れること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の離俗の言及

【召波】より

…そのころ俳諧は余技として親しんでいたようだが,1766年(明和3)に蕪村が三菓社を結成したときそれに参加して,以後俳諧に熱中するようになり,めきめき頭角をあらわした。去来,嵐雪,其角,素堂らの作風を慕い,支考,麦林(乙由)らの俗調を排して蕪村に心酔し,離俗の生活を喜んだ。蕪村は召波のことを後に〈京師にはめづらしき俳者にて〉と激賞している。…

※「離俗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

離俗の関連キーワード俳句(文学)与謝蕪村呂氏春秋俗世間グレー俗事世俗俳論智首