雨竜沼湿原(読み)うりゅうぬましつげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雨竜沼湿原」の解説

雨竜沼湿原
うりゅうぬましつげん

北海道北西部,暑寒別岳の東麓にある湿原雨竜町に属する。南暑寒岳(1296m),恵岱岳(えたいだけ,1061m),群馬岳(971m)に囲まれた溶岩台地のほぼ中央部に位置し,東西 4km,南北 2kmにわたり百数十の沼からなる。標高約 900m。東流するペンケペタン川の水源地。沼は直径数mから 100mまで大小さまざまで浮島や湿原性植物のゴスンアヤメやヒメシャクナゲワタスゲツルコケモモハクサンチドリなどが見られ,尾瀬沼と並ぶ高層湿原をなす。暑寒別天売焼尻国定公園に含まれる。2005年ラムサール条約に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域遺産「雨竜沼湿原」の解説

雨竜沼湿原

(北海道雨竜郡雨竜町)
ラムサール条約湿地指定の地域遺産。
高層湿原。暑寒別天売焼尻国定公園特別保護地区。山地型高層湿原としては我が国でも有数の面積規模を誇る

雨竜沼湿原

(北海道雨竜郡雨竜町)
北海道遺産」指定の地域遺産。
増毛山地の高層湿原で標高850mにある。池塘が700以上あり、道内最大の山地湿原。道指定天然記念物

雨竜沼湿原

(北海道雨竜郡雨竜町)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android