コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪華図説 セッカズセツ

デジタル大辞泉の解説

せっかずせつ〔セツクワヅセツ〕【雪華図説】

雪の結晶図説集。古河(こが)藩主土井利位(どいとしつら)著。天保4年(1833)正編、同11年続編刊。顕微鏡で観察した合計183の雪の結晶図と、論考「雪の生成の物理」等を収める。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

雪華図説【せっかずせつ】

下総(しもうさ)国古河藩主土井利位(としつら)〔1789-1848〕の著書。雪の結晶を蘭鏡(顕微鏡)で忠実に観察,組織的に研究したもので,正編(1833年刊)は1828年―1832年の86個,続編(1840年刊)は1832年―1840年の97個の降雪の結晶図をのせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪華図説
せっかずせつ

下総(しもうさ)国古河(こが)(現茨城県)の11代藩主土井利位(としつら)が、20年余にわたって雪の結晶を観察し、顕微鏡による結晶図として出版されたもの。正編(1832年12月刊)には86個の結晶図とともに、利位によって「雪の生成の物理」と「雪の功用」が述べられている。注目すべきは、家老で蘭学(らんがく)者の鷹見(たかみ)泉石がその後書きのなかで、マルチネットJ. F. Martinet(1729―95)の自然学教科書から雪の結晶図12種を引用していることで、本書の成立に蘭学が大きく影響したことを示唆している。続編(1840年9月刊)には、大坂城代、京都所司代として任地で観察したものを含め、97個の結晶図を収めている。これを著したことは日本における西欧科学の黎明(れいめい)期にあって特筆さるべき業績であった。[小林禎作・前野紀一]
『小林禎作著『雪華図説新考』(『雪華図説 正続』所収・復刻版・1982・築地書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雪華図説の関連キーワード雪(snow)古河(市)小林 禎作小林禎作

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android