雷公(読み)らいこう

精選版 日本国語大辞典「雷公」の解説

らい‐こう【雷公】

〘名〙 かみなりの俗称。かみなりさま。《
※日本紀略‐万寿四年(1027)五月二四日「公堕於所所」 〔杜甫‐喜雨詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雷公の言及

【雷】より

…落雷した木の皮の裂けているのが,ちょうど爪で引っかいたように見えることから,爪をもった獣を想像したものと考えられる。 また雷に関する説話としては《耳袋》に,陣笠をかぶり馬に乗った雷公を見た話がある。話の筋は,一人の武士が雷雨の激しい夜,自宅に急ぐ途中,近雷に驚いた乗馬がある家の戸を蹴破って乱入した。…

※「雷公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android