天雷(読み)てんらい

精選版 日本国語大辞典「天雷」の解説

てん‐らい【天雷】

〘名〙
① かみなり。いかずち。
※康頼宝物集(1179頃)上「酉夢母を罵詈しかは天其身を裂なんと申ぬれは」 〔晉書‐戴洋伝〕
② 江戸時代の歌舞伎劇場で、舞台の天井で雷の音を聞かせるしかけ。大太鼓の裏皮を太撥(ふとばち)で強く打つ。雷鳴

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天雷」の解説

てん‐らい【天雷】

かみなり。
江戸時代、劇場の舞台の天井にしかけた、雷の音を出す装置。
[類語](1いかずちらい鳴る神雷鳴雷電急雷疾雷しつらい迅雷じんらい霹靂へきれき雷公遠雷春雷界雷熱雷落雷稲妻いなずま稲光いなびかり電光紫電しでん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android