コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷電海岸 らいでんかいがん

5件 の用語解説(雷電海岸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雷電海岸
らいでんかいがん

北海道西部,寿都町から岩内町にいたる日本海に面する海岸。雷電山 (1212m) の西北麓が日本海に没するところにあたり,かつては交通上の難所として知られた。安山岩質の岩石海岸で各所に滝などが落下する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らいでん‐かいがん【雷電海岸】

北海道南西部にあり、日本海に臨む海岸。岩内町から13キロメートルにわたり、観光ルートになっている。ニセコ積丹(しゃこたん)小樽海岸国定公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らいでんかいがん【雷電海岸】

北海道南西部,日本海に面する後志(しりべし)支庁岩内(いわない)町から蘭越町にかけての岩石海岸。雷電山の山麓が海に落ち込む断崖絶壁の続く難所で,山道は1856年(安政3)に岩内と磯谷の場所請負人により開削されたが,海岸沿いの道は1963年に開通した。付近に温泉も湧出し,観光地として急速に開発された。海岸線は海食崖や雷電岬刀掛岩など源義経伝説にまつわる奇岩が多く,また雷電温泉(セッコウ泉,58℃)もあり,ニセコ積丹(しやこたん)小樽海岸国定公園に含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕雷電海岸(らいでんかいがん)


北海道西部、渡島(おしま)半島北部の日本海に面した断崖(だんがい)海岸。ニセコアンヌプリ火山群西部の雷電山(標高1212m)の西麓(せいろく)が海に向かうところで、溶岩が浸食された奇岩が点在する。雷電温泉がわき、海水浴場・キャンプ場がある。ニセコ積丹小樽(しゃこたんおたる)海岸国定公園の代表的景勝地の一つ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雷電海岸
らいでんかいがん

北海道西部、渡島(おしま)半島基部の日本海に臨む海岸。後志(しりべし)総合振興局管内の岩内(いわない)町から寿都(すっつ)町にまたがる。安山岩からなる雷電山(1212メートル)の山麓(ろく)が断崖(だんがい)絶壁をなして海に臨み、長く陸の孤島であったが、国道229号が12年の難工事を経て1963年(昭和38)開通した。ニセコ積丹小樽(しゃこたんおたる)海岸国定公園の一部で、雷電峠や雷電岬、弁慶の刀掛岩などの景観に加えて、雷電温泉があり、キャンプや磯釣りの適地となっている。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雷電海岸の関連キーワード尾花岬後志ニセコ登別倶知安後志利別川共和[町]古平[町]余市[町]北海道後志〈総合振興局〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雷電海岸の関連情報