コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電照栽培 でんしょうさいばい

6件 の用語解説(電照栽培の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電照栽培
でんしょうさいばい

収穫期を人工的に変動させることを目的に電照を利用する栽培法。作物には昼夜の長短に応じて開花する性質があり,日照時間が 12時間より長い季節に開花するものを長日性,逆のものを短日性,さらに短いときから長いときの範囲で開花するものを中間性と呼んで区別している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんしょう‐さいばい〔デンセウ‐〕【電照栽培】

電灯などを照射して作物の生育を促成または抑制する栽培法。開花抑制を受けて冬に出荷される菊などの類。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電照栽培【でんしょうさいばい】

電灯照明により,自然日長が短い時期に短日植物の開花を抑えたり,長日植物の開花を促進したりする方法。電灯照明は50ルクス以上が有効である。おもにキクやイチゴの栽培に用いられている。
→関連項目遮光栽培日長処理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

でんしょうさいばい【電照栽培】

植物の花芽形成には日長が重要な影響を及ぼしており,キク(秋ギク)などは日長がある特定の時間よりも短くなった場合にだけ花芽を形成し(これを短日植物という),キンギョソウストックなどは日長がある特定の時間よりも長くなった場合にだけ花芽を形成する(これを長日植物という)。短日植物の花芽形成を抑えて栄養生長を続けさせるために,あるいは長日植物の開花を促進させるために,夜中に数時間電灯照明をして植物を栽培することを電照栽培という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんしょうさいばい【電照栽培】

電灯の照明によって花芽の分化や開花を調節する栽培法。植物の光周性を利用したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電照栽培
でんしょうさいばい

電灯照明を利用して作物の生育を促成または抑制する栽培法。日長が長くなると花をつける長日植物は、日長が短い季節でも温度その他の条件を満たした環境で育てたうえに、人工照明を補って長日条件にすると花をつける。また短日植物に対して人工照明を補うと花がつくのが抑制される。この性質を栽培に応用し、ハウス栽培などで電灯照明により作物の自然開花期以外の時期に開花させることを電照栽培という。なお短日植物を長日の季節に咲かせるための、電照栽培と反対の栽培法を遮光(シェード)栽培という。
 現在もっとも電照栽培が実用化されているのはキクの開花抑制である。キクは短日植物で、秋が自然開花期である。これを遅らせて正月、早春の切り花用に生産するために、短日の季節、8月下旬ころになったら夕方から電灯照明し、花芽着生を防ぐ。あるいは夜中に数時間電照して暗期を中断し、相対的に長日条件にしても着花しない。こうして目的の開花日の約60日前に電照をやめると、すでに自然は短日になっているので、花芽がつき、開花する。
 キクの電照栽培は1955年(昭和30)ころから広く普及し、静岡、愛知、兵庫、福岡、香川の諸県に集団栽培がある。キクのほかには、アスター、ハナショウブ、ストックなどの長日植物や、ダリア、グラジオラスなど短日植物の開花調節に用いられているが、規模はわずかである。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電照栽培の言及

【環境調節】より

… 1920年W.W.ガーナーとH.A.アラードが温室をカーテンで覆うような方法で,自然の日長時間を調節する装置を用いて,植物の開花現象が日長時間の長短によって起こること(光周性)を発見した。秋の短日条件で開花するキクを,夜間,温室に照明をほどこすことによって日長時間を長くして開花調節を行い,秋以外の季節に出荷する電照栽培は,この現象を実際面に応用した環境調節の例として有名である。またイチゴのように低温により花芽が形成されるものについては,人為的に低温を与える春化処理が行われている。…

※「電照栽培」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電照栽培の関連キーワード樹芯遮光栽培短日植物長日植物開花ホルモン交差弾力性酸素遮断性花芽形成財務報告財務報告の信頼性

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電照栽培の関連情報