コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電通[株] でんつう

2件 の用語解説(電通[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

電通[株]【でんつう】

日本最大の広告会社。1901年創立の日本広告と電報通信社が1907年合併し日本電報通信社となり,1936年に通信部門を同盟通信社に合流させて広告専業となった。第2次大戦後は,吉田秀雄の積極的な経営で躍進。
→関連項目インターネット広告広告代理業同盟通信社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

でんつう【電通[株]】

日本最大の広告会社。正式には株式会社電通。本社所在地東京都中央区築地。旧社名の株式会社日本電報通信社を1955年に改称したが,旧社名時代も電通が通称だった。光永星郎(本名,喜一)が1901年(明治34)新聞社に対するニュース通信業と広告代理業の併営を志し,日本広告株式会社と電報通信社を東京京橋で開業したことに始まる。日露戦争後の1907年,この2社を統合して株式会社日本電報通信社を設立した。帝国通信社(略称,帝通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の電通[株]の言及

【通信社】より


[日本の通信社]
 明治憲法発布の前後に生まれた時事通信社(1887‐90),新聞用達会社(1890‐92)などが日本の通信社の先駆といわれるが,当時は群小通信社の乱立にとどまった。新聞用達会社の後身として,1892年創立の帝国通信社(帝通)は日清,日露戦争を通じて業務を拡大,1901年創立の日本電報通信社(電通)とともに日本の二大通信社として競争した。第1次大戦勃発直前の14年,ロイター通信社と結ぶ国際通信社(国際)が生まれ,26年東方通信社を合併して日本新聞聯合(れんごう)社(聯合,1928年新聞聯合社と改称)を組織,帝通の没落とともに,電通と聯合との激しい競争を特徴とする〈電聯時代〉を生んだ。…

【同盟通信社】より

…1936年1月業務開始。1931年の満州事変勃発当時,日本の通信社としては日本電報通信社(略称,電通)と新聞聯合社(略称,聯合)とが激しく競争していた。しかし,国際情勢が緊迫するにつれて,強力な国家代表通信社設立の要望が強まった。…

※「電通[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電通[株]の関連キーワード電通博報堂日本電信電話株式会社リクルートISID日本電通オリコムフロンテッジ相鉄エージェンシー朝日広告社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone