コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光永星郎 みつながほしろう

2件 の用語解説(光永星郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光永星郎
みつながほしろう

[生]慶応2(1866).肥後
[没]1945
通信社,広告代理店の経営者。『毎日新聞』『福岡日日新聞』などの記者を経て,1901年に日本広告株式会社日本電報通信社を創立,07年にはこれらを合併して日本電報通信社を設立 (資本金 26万円) ,通信,広告を兼営したが,36年国策通信社として同盟通信社の設立とともに通信部がこれに統合されたため,以後 45年まで広告代理業の経営にあたり,今日の電通の基礎を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光永星郎 みつなが-ほしろう

1866-1945 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応2年7月26日生まれ。「めさまし新聞」などの記者をへて,明治34年日本広告と電報通信社を設立。39年電報通信社を日本電報通信社(現電通)と改組し,翌年日本広告と合併。昭和11年国策により通信部門をきりはなし,広告代理業を専業とした。貴族院議員。昭和20年2月20日死去。80歳。肥後(熊本県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の光永星郎の言及

【電通[株]】より

…旧社名の株式会社日本電報通信社を1955年に改称したが,旧社名時代も電通が通称だった。光永星郎(本名,喜一)が1901年(明治34)新聞社に対するニュース通信業と広告代理業の併営を志し,日本広告株式会社と電報通信社を東京京橋で開業したことに始まる。日露戦争後の1907年,この2社を統合して株式会社日本電報通信社を設立した。…

※「光永星郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

光永星郎の関連キーワード大倉袖蘭町尻量弘肥後肥後彫没・歿勃・歿・没肥後鐔三枝刑部塘林虎五郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光永星郎の関連情報