青墓宿(読み)あおはかのしゅく

百科事典マイペディア「青墓宿」の解説

青墓宿【あおはかのしゅく】

美濃(みの)国にあった東山道宿駅。青波賀,大墓などとも書く。在の岐阜県大垣市青墓町。平安末期から鎌倉期にかけて遊女傀儡(くぐつ)がいた宿として著名。宿の長者青墓長者といい,《保元(ほうげん)物語》によると保元の乱後に斬られた源為義の子の母は青墓長者の女(むすめ)で,《平治物語》には平治の乱に敗れた源義朝が青墓に逃れたと記され,源氏と関係の深い地であった。遊女や傀儡は青墓長者の管轄におかれたと考えられるが,大江匡房(まさふさ)の《傀儡子記》に登場する美濃の傀儡子(傀儡)は青墓宿を拠点としていたものであろう。戦国期までは東山道の宿として存続していたらしい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「青墓宿」の解説

あおはかのしゅく【青墓宿】

美濃国不破郡の東山道の宿駅。現,岐阜県大垣市青墓。青波賀,奥波賀,遭墓,大墓,青波加,青冢とも書く。平安末期から鎌倉期にかけて傀儡子(くぐつ)や遊女のいる宿として著名。宿の長者を青墓長者といい,大炊(おおい)といった。保元の乱後斬られた源為義の子の乙若,亀若,鶴若,天王丸の母が青墓長者の女であったことが《保元物語》にみえる。また,《平治物語》によると源義朝は平治の乱に敗れ,青墓に逃れているが,青墓長者大炊の女延寿との間に夜叉御前をもうけていたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android