コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木月斗 あおき げっと

美術人名辞典の解説

青木月斗

俳人。大阪生。名は新護、別号に月兎・図書。正岡子規に学ぶ。大阪満月会を起こし、俳誌車百合」を創刊、ホトトギス派俳人として大阪俳壇確立に貢献した。「同人」主宰。句集に『月斗翁句抄』。著に「『子規名句評釈』等。昭和24年(1949)歿、71才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木月斗 あおき-げっと

1879-1949 明治-昭和時代の俳人。
明治12年11月20日生まれ。正岡子規(しき)にみとめられ,大阪満月会を結成して明治32年「車百合」を創刊。大正9年から「同人」を主宰し,関西俳壇の中心として活動。昭和24年3月17日死去。71歳。没後「月斗翁句抄」が刊行された。大阪出身。本名は新護(しんご)。別号に月兎。著作に「子規名句評釈」。
【格言など】天墨の如し大雪になるやらん(「月斗翁句抄」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青木月斗
あおきげっと
(1879―1949)

俳人。大阪・南久太郎町に生まれる。本名新護(しんご)。初め月兎と号した。家業の薬種業を継ぎ、かたわら俳句に親しみ、新聞『日本』の子規選に投句、大阪満月会、三日月会に加わり、1898年(明治31)『車百合(くるまゆり)』を創刊した際、正岡子規から「俳諧(はいかい)の西の奉行や月の秋」の祝句を贈られた。1916年(大正5)『カラタチ』、1920年『同人(どうじん)』を創刊、家業を廃して俳句一途の生活に入り、関西俳壇に巨匠と目された。編著はあるが生前句集はつくらず、没後『月斗翁句抄』(1950)が刊行された。
 城東に大阪を見る霞かな[村山古郷]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

青木月斗の関連キーワード11月20日武定 巨口永尾 宋斤太田 耕人岡本 圭岳菅 礼之助湯室 月村佐賀(県)太田耕人松瀬青々村山古郷永尾宋斤島道素石籐蓆噴水出水夏行火蛾

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青木月斗の関連情報