コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靖献遺言 せいけんいげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

靖献遺言
せいけんいげん

江戸時代初期の朱子学者浅見絅斎 (けいさい) の主著。8巻。寛延1 (1748) 年刊。楚の屈原から明の方孝孺まで,不遇にあっても臣としての君主に対する節義を曲げなかった中国の8人の遺文を集め,その略伝および論評を記した書。幕末の志士に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

靖献遺言【せいけんいげん】

江戸前期の朱子学者浅見絅斎(あさみけいさい)が,中国の8人の忠節の士の言葉を集めるとともに,日本の忠臣の行状を載せた書。8巻。成立年不詳。屈原の《離騒懐沙賦》,諸葛孔明の《出師表》,陶淵明の《読史,述夷斉章》,顔真卿の《移蔡帖》,文天祥の《衣帯中賛》,謝枋得(ほうとく)の《初到建寧賦詩》,劉因の《燕歌行》,方孝孺の《絶命辞》など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいけんいげん【靖献遺言】

江戸前期の朱子学者浅見絅斎(けいさい)の著。8巻。成立年不詳。義に安んじ,先王に誠意をささげる(靖献)という趣意から,楚の屈原より明の方孝孺に至る中国の8人の忠臣の遺文・略伝を記し,あわせて日本の忠臣義士の行状を載せたもの。広く読まれ,のちの尊王討幕論に大きな思想的影響を与えた。《教育文庫》《国民道徳叢書》所収。【平 重道】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいけんいげん【靖献遺言】

浅見絅斎けいさい著。八巻。1687年成立。中国の屈原・孔明など忠節の士八人の遺文と小伝に、日本の忠臣・義士の行状を付載し大義の精神を説いた書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

靖献遺言
せいけんいげん

儒学者浅見絅斎(けいさい)の著書。2巻。1684年(貞享1)絅斎33歳のとき編纂(へんさん)に着手し、87年刻なった。中国の屈原(くつげん)、孔明(こうめい)、陶潜(とうせん)、顔真卿(がんしんけい)、文天祥(ぶんてんしょう)、謝枋得(しゃほうとく)、劉因(りゅういん)、方孝孺(ほうこうじゅ)ら8人の忠臣の遺文、略伝を記し、あわせて日本の忠臣、義士の行状を載せたもの。1689年(元禄2)成立の『靖献遺言講義』はこれを門下生に講義したもの(「教育文庫」「国民道徳叢書(そうしょ)」所収)である。土佐の谷秦山(しんざん)、京都の竹内式部(たけのうちしきぶ)など本書を講じ、とくに式部はこれを公卿(くげ)に講じ、宝暦(ほうれき)事件(1758)の原因をつくる。吉田松陰(しょういん)も本書を愛読し、「靖献遺言の一書は、読者をして勃然沛然(ぼつぜんはいぜん)として忠義の心を興起せしむ」(野山獄(のやまごく)文稿)と記している。本書が近世勤王思想の勃興(ぼっこう)に大きな思想的影響を与えたことは明白である。[平 重道]
『近藤啓吾著『浅見絅斎の研究』(1970・八坂神社内神道史学会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

靖献遺言の関連キーワード大義名分宝暦事件尾見緑塢小伝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android