コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷やか ヒヤカ

デジタル大辞泉の解説

ひや‐か【冷やか】

[形動ナリ]冷ややか」に同じ。
「打ちそそぐ秋のむら雨―にて風にさきだつしたの浮雲」〈拾遺愚草員外

ひや‐やか【冷(や)やか】

[形動][文][ナリ]
つめたく感じられるさま。「冷ややかな山の空気」 秋》「暁の―な雲流れけり/子規
態度が冷淡であるさま。「冷ややかな目つき」
落ち着いていて物に動じないさま。冷静なさま。「常に冷ややかな傍観者でいる」
[派生]ひややかさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひやか【冷やか】

( 形動ナリ )
ひややか 」に同じ。 「うちそそく秋のむら雨-にて/拾遺愚草員外」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

冷やかの関連キーワードブルーノ リリエフォルス喧喧囂囂牛もうもうモニカ ヴィッテイ相合い傘・相合傘年寄りの冷や水こんこんちき大艦巨砲主義おひゃらかす油虫・蚜虫マアッリー船越 英二新婚旅行フーコーそそるいじめ御託宣御大層照れる冷かし候ふ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷やかの関連情報