薄情(読み)ハクジョウ

デジタル大辞泉の解説

はく‐じょう〔‐ジヤウ〕【薄情】

[名・形動]人情に薄いこと。思いやりの気持ちがないこと。また、そのさま。「薄情なしうち」「薄情者」
[派生]はくじょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うす‐なさけ【薄情】

〘名〙 受ける側にとって、長続きがしないで、失われることが惜しまれるような情愛をいう。なまなかの愛情。はかない愛情。あだなさけ。〔文明本節用集(室町中)〕
※俳諧・犬子集(1633)一一「兎角なにはのうらみある人 芦づつのうすなさけこそうるさけれ〈重頼〉」

はく‐じょう ‥ジャウ【薄情】

〘名〙 (形動) 義理・人情にうすいこと。愛情に乏しいこと。親しみや思いやりの気持が少ないこと。また、そのさま。〔文明本節用集(室町中)〕
※洒落本・郭中掃除雑編(1777)「禿達から薄情(ハクジャウ)の土地にそだち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報