薄情(読み)ハクジョウ

デジタル大辞泉の解説

はく‐じょう〔‐ジヤウ〕【薄情】

[名・形動]人情に薄いこと。思いやりの気持ちがないこと。また、そのさま。「薄情なしうち」「薄情者」
[派生]はくじょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくじょう【薄情】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
愛情のうすいこと。思いやりがないこと。また、そのさま。 「 -な人」 「 -者もの
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うす‐なさけ【薄情】

〘名〙 受ける側にとって、長続きがしないで、失われることが惜しまれるような情愛をいう。なまなかの愛情。はかない愛情。あだなさけ。〔文明本節用集(室町中)〕
※俳諧・犬子集(1633)一一「兎角なにはのうらみある人 芦づつのうすなさけこそうるさけれ〈重頼〉」

はく‐じょう ‥ジャウ【薄情】

〘名〙 (形動) 義理・人情にうすいこと。愛情に乏しいこと。親しみや思いやりの気持が少ないこと。また、そのさま。〔文明本節用集(室町中)〕
洒落本・郭中掃除雑編(1777)「禿達から(ハクジャウ)の土地にそだち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄情の関連情報