コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷血 レイケツ

4件 の用語解説(冷血の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れい‐けつ【冷血】

[名・形動]
冷たい血。⇔温血
(爬虫類など)体温調節機能がなく外気温の影響で、通常、人間よりも体温が低いこと。「―動物」
人間らしい温情に欠けていること。また、そのさま。冷酷。「―な人間」
[補説]書名別項。→冷血

れいけつ【冷血】[書名]

《原題In Cold Bloodカポーティ長編小説。1966年刊。カンザス州で実際に起きた殺人事件を綿密な取材をもとに描いた作品。ノンフィクションノベルの初期の傑作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

れいけつ【冷血】

体温が比較的低いこと。 ↔ 温血
人間らしいあたたかい心をもっていないこと。人情味のないこと。非人間的。冷酷。 ↔ 熱血

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷血
れいけつ
In Cold Blood

アメリカの作家T・カポーティの長編小説。1966年刊。アメリカ西部カンザス州の農家で現実に起こった一家皆殺し事件に取材、犯人についての綿密な調査に基づくノンフィクション・ノベル(非虚構小説)として話題になった。アメリカのニュージャーナリズムのはしりともみられている。作者の共感はインディアン血を引く犯人ペリーに向けられており、彼のノートに書き付けられていた「人生とは何か。それは暗い夜の蛍の光である。冬に野牛が吐く息である」という、人間存在のむなしさを示すインディアン首長(しゅちょう)のことばに要約できる。[稲澤秀夫]
『竜口直太郎訳『冷血』(1978・新潮社) ▽佐々田雅子訳『冷血』(2005・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷血の関連キーワードスチルベンフェニレンジアミン体・躯・軀・身体然有らぬ体・態身を以てD 体L 体体(遺伝)体(言語)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冷血の関連情報