コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非職 ヒシキ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐しき【非職】

寺院・神社で、役職にない僧侶や神官。
非蔵人(ひくろうど)1

ひ‐しょく【非職】

現職でないこと。また、その人。
「―になってから、元気がすっかりなくなって」〈花袋・妻〉
官吏が、地位はそのままで職務だけを免ぜられたこと。休職。
「夫が―の部長上りか何かで」〈啄木鳥影

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひしき【非職】

非蔵人ひくろうど」に同じ。
寺院・神社で、役職にない僧侶や神官。

ひしょく【非職】

現在職についていないこと。
官吏が地位はそのままで職務だけ免ぜられること。休職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

非職の関連キーワード無防備都市(映画)ネオレアリズモ映画L. ペルチャーアマチュア演劇湯本 武比古戦火のかなた堀口 九万一二条河原落書自転車泥棒矢田部良吉大井上輝前久留 正道ゼーバハ伊沢修二清の美術学生演劇職業教育前田正名久米事件加湿器肺

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android