非職(読み)ヒシキ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐しき【非職】

寺院・神社で、役職にない僧侶や神官。
非蔵人(ひくろうど)1

ひ‐しょく【非職】

現職でないこと。また、その人。
「―になってから、元気がすっかりなくなって」〈花袋・妻〉
官吏が、地位はそのままで職務だけを免ぜられたこと。休職。
「夫が―の部長上りか何かで」〈啄木鳥影

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひしき【非職】

非蔵人ひくろうど」に同じ。
寺院・神社で、役職にない僧侶や神官。

ひしょく【非職】

現在職についていないこと。
官吏が地位はそのままで職務だけ免ぜられること。休職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐しき【非職】

〘名〙 (「ひじき」とも)
① =ひくろうど(非蔵人)①〔禁秘鈔(1221)〕
寺院・神社で、所帯の職のない僧侶神官役職にない僧侶や神官。
※高野山文書‐永暦元年(1160)二月一九日・美福門院令旨「補供僧事、不有職・非職、只住山之輩堪其器者、可撰補者也」
③ 聖俗を通じて、ある職につくことのできる者に対して、員外の無資格者の総称。
※八坂神社文書‐正中三年(1326)二月一三日・法眼顕増和与状「去元亨参年十月十日止非職甲乙人伝領之儀、付保務可管領之由、就拝領綸旨

ひ‐しょく【非職】

〘名〙
① 官職がないこと。現職にいないこと。また、その人。ひしき。〔音訓新聞字引(1876)〕 〔韓愈‐豊陵行〕
官吏が、身分・地位はそのままで、職務だけ免ぜられること。また、その人。非役。休職。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android