コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 エクボ

3件 の用語解説(靨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

え‐くぼ〔ゑ‐〕【×靨】

《「笑窪」の意》笑うとき、ほおにできる小さなくぼみ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えくぼ【靨 dimple】

笑ったとき,ほほえんだときなどに顔面,とくに口角の周辺に出る皮膚のくぼみ。これは表情筋,とくに笑筋masculus risoriusとよばれる筋が皮膚の裏面に付いており,この筋の収縮に際して皮下脂肪の層をかきわけて皮膚を引きこむために生じると考えられている。顔面の皮下脂肪が厚く,皮膚そのものは柔らかな子どもや女性によく現れることも,この考えから説明できる。日本では,女性や子どもの明るさ,若さ,ときには美の表出として文学や絵画にも現れるが,えくぼを観賞の対象とする感覚は,欧米にはないようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えくぼ【靨】

〔笑くぼの意〕
笑うと、頰にできる小さなくぼみ。
ほくろ。 〔新撰字鏡〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【延性破壊】より

…延性破壊の過程の多くは,材料中に存在する介在物や析出物あるいは転位の集積部のようなひずみの不連続な部分で塑性変形によって微小空洞が発生・成長する過程と,それらが合体する過程の二つに分けられる。延性破壊した材料の破面には,ディンプルdimpleとよばれる多数の小さなくぼみ状の模様が観察される。相対する破面上におけるディンプルの向きによって破壊に寄与した応力状態がわかる。…

【フラクトグラフィー】より

…最近の走査電子顕微鏡の普及はフラクトグラフィーを急速に発展させた。延性破壊ではディンプルdimpleと呼ばれる多数の小さなくぼみ状の模様が見られる。ディンプル破面のなかにも円形のもの,伸ばされたものなどが存在し,破壊に寄与した応力状態がディンプルの形状,向きによって判別できる。…

【筋肉】より

…また口角には多くの筋肉が放射状に集まり,これらの収縮によって口を開ける(目を開ける,すなわち上眼瞼を挙上するのは外眼筋の働きで,表情筋ではない)。口角からほおの皮膚にのびる小さい筋肉は笑筋で,その収縮によってほおの皮膚を引いて,いわゆる〈えくぼ〉をつくる(しかし,えくぼの成因に関しては,そのほかの要素も関係している)。ほおの深層には頰筋(きようきん)があって,水を飲んだり,物を食べるときにきわめて重要な働きをする。…

※「靨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

靨の関連キーワードおっ死に顔微笑微笑ましい微笑み微笑むサディーが死んだとき天使に涙とほほえみを明治ほほえみ明治ほほえみらくらくキューブ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone