コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頬紅 ホオベニ

3件 の用語解説(頬紅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほお‐べに〔ほほ‐〕【頬紅】

ほおにつけるべに。チーク。チークカラー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

頬紅【ほおべに】

頬の赤みを補う化粧料。江戸時代までは白粉(おしろい)にを混ぜて用いたが,現在は粉白粉に染料やレーキを混ぜ,湿潤剤としてグリセリンなどを混合する。結合剤にデンプンなどを用い薄く押し固めたコンパクト形,流動パラフィンワセリンなど油性を入れたペースト状などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頬紅
ほおべに

女性の化粧法の一種。女性が頬に紅をつけて美しさを引き立たせることは、おしろいをつけることよりも、その歴史が古い。わが国では『古事記』の神話伝説のなかにみえている。当時は人間が強い者に隷属をするときには、頬紅をつけてその印としたもので、人物埴輪(はにわ)のなかにも、その姿をみることができる。
 奈良時代では頬紅をつける化粧法を紅粧(こうしょう)といった。正倉院宝物の『鳥毛立女樹下美人図』は、この姿を描いたもので、その方法は中国から伝来したものであろう。頬紅はなるべく目だたぬように、薄くつけることが美しいものであるとされて、江戸時代に及んだ。このことは現代の美容法でも同じで、おしろいや口紅との調和を図りながら薄くつけるのが普通で、際だって濃くつけることは、いやらしいものとされている。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頬紅の関連キーワード白粉赤身襟白粉白粉下化粧田化粧料寝白粉練り白粉化粧料(持参金)化粧料(化粧品)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頬紅の関連情報