コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭書(き) カシラガキ

デジタル大辞泉の解説

かしら‐がき【頭書(き)】

書物の本文の上欄に、注釈・批評などを書き記すこと。また、その注記。頭注。標注。とうしょ。
脚本で、台詞(せりふ)の上に書いてある、その台詞を述べる役の名。

とう‐しょ【頭書】

書物の本文の上欄に書き入れた解説や注釈。頭注。鼇頭(ごうとう)。
文章の初めの書き出しの部分。「頭書のとおり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうしょ【頭書】

書物の本文の上欄に書き込まれた注釈などの書き込み。かしらがき。
書類などの最初の部分に書き出された文章。 「 -の通り」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頭書(き)の関連キーワードマタイによる福音書G. マレンコフ伊藤宗看(1)見出しタイトル頭注・頭註マレンコフ藤原惺窩ドランツ百年戦争相博状和与状頭書き批評鼇頭標注書物注釈注記姓名台本

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android