類聚神祇本源(読み)るいじゅうじんぎほんげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

類聚神祇本源
るいじゅうじんぎほんげん

伊勢神道の思想を集大成した書。鎌倉時代末期の伊勢外宮祠官度会 (わたらい) 家行著。 15巻。元応2 (1320) 年成立。天地開闢編,天神所化編,本朝造化編,天宮編,内宮遷座編,外宮遷座編,宝基編,形文編,心御柱編,内宮別宮編,外宮別宮編,神宣編,禁誡編,神鏡編,神道玄義編の 15編から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

るいじゅうじんぎほんげん【類聚神祇本源】

鎌倉時代末の神道書。度会(わたらい)家行著。15巻。鎌倉時代中期におこった伊勢神道教説を集大成したもので,1320年(元応2)1月に成立。神道五部書をはじめとする伊勢神道の諸書を中心に,神道書,儒教・仏教の経典,官家・社家・釈家の文献など,60余種の資料から神祇の関連事項を抄出し,天地開闢,天神所化,本朝造化,天宮,内宮御遷宮,外宮御遷宮,宝基,形文,心御柱,内宮別宮,外宮別宮,神宣,禁誡,神鏡,神道玄義の15編に類聚して,神祇の本源を明らかにしようとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

るいじゅうじんぎほんげん【類聚神祇本源】

鎌倉末期の神道書。一五巻。度会わたらい家行著。1320年成立。神道五部書をもとに伊勢神道の教説を集大成したもの。伊勢神道の根本教典。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の類聚神祇本源の言及

【度会家行】より

…家行は,その中心となった度会行忠に従って,神祇の基本を学び,さらに儒教・老荘の典籍,新旧さまざまな仏典を読み,伊勢神道の教説を集大成した。1318年(文保2)に著した《神道簡要》1巻は,《神道五部書》にはじまる伊勢神道の教説の綱要を簡潔に述べた書であるが,その基礎となる教学を詳細に記したのが20年(元応2)に完成した《類聚神祇本源》15巻であった。家行はこの書で,数多くの文献から抄出した神祇に関する記述を分類編成することによって,神道説の体系化を図ったが,その根本的な主張は同書の〈神道玄義篇〉に要約されている。…

※「類聚神祇本源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android