コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元元集 げんげんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元元集
げんげんしゅう

中世の神道書。8巻。北畠親房編著と伝えられる。延元2 (1337) ~3年の成立。神道と神宮の両部に分れており,天地開闢編から神宣禁誡編までの 13編。度会 (わたらい) 家行の『類聚神祇本源』『瑚 璉集』を基にし,『日本書紀』や『旧事本紀』などの文書を抄録したもので,大部分史料の羅列であるが,編首には著者の所論が掲げられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんげんしゅう〔ゲンゲンシフ〕【元元集】

南北朝時代の神道書。全8巻。北畠親房著。延元2年=建武4年(1337)ごろ成立。日本の神道の起源を調査し、和漢の古典から資料を引用、分類して自説を加えたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんげんしゅう【元元集】

南北朝時代の神道書。北畠親房の編になり,8巻。1337年(延元2∥建武4),親房は伊勢国に赴いて後醍醐天皇方の勢力拡大のために奔走したが,同国滞在中に外宮の祠官度会(わたらい)家行に接して,伊勢神道教説を学んだ。伊勢で《日本書紀》《旧事本紀》《古語拾遺》《新撰姓氏録》《延喜式》などを読み,神道書を読破した親房は,それらの重要な部分を抜書きし,家行の主著《類聚神祇本源》などの構成に倣いながら,39年(延元4∥暦応2)ころに《元元集》を編纂した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんげんしゅう【元元集】

神道書。八巻。北畠親房著。1337年頃成立。記紀などから資料を抜粋して分類し、親房自身の意見を加え、神道・伊勢神宮の根本を明らかにしようとしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の元元集の言及

【偽書】より

…他の4部には随所に儒仏老荘の混交がある。従来北畠親房の述作と伝えられている《東家秘伝》と《元元集》の2書も度会家の家説の色が濃い。このように鎌倉時代には有名な著書に仮託が多く行われた。…

※「元元集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

元元集の関連キーワード南北朝時代伊勢神宮記紀

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android