飛鳥京跡苑池(読み)あすかきょうあとえんち

国指定史跡ガイドの解説

あすかきょうあとえんち【飛鳥京跡苑池】


奈良県高市郡明日香村村岡にある苑遺構。飛鳥川右岸の河岸段丘上に立地し、国の史跡である伝飛鳥板蓋宮跡の西北に接する。1916年(大正5)、この付近から「出水の酒船石」と呼ばれる石造物が2基出土しており、1999年(平成11)からその出土地点付近から北方にかけて発掘調査を実施した結果、幅約5mの陸橋状の渡堤をはさみ、周囲に石積みの護岸をめぐらせた南北2つの池と北に延びる排水路からなる飛鳥時代の苑池遺構が検出された。この2つの池は、それぞれ形態や構造、意匠を異にしている。南池が少なくとも3つの石造物を有し、断面が皿状になる石貼りの浅い池で、中島や島状の石積みをもつなど観賞用という色彩が強いのに対して、北池は底が深く、底面も平らであるなど実用的な性格が強いものとなっている。とくに南池は庭園全体がわかる最古のもので、位置的にみても、すぐ東側にあった歴代の宮殿と密接に結びついた施設であると考えられている。この苑池は飛鳥時代の政治や文化、わが国における庭園の変遷を知るうえで重要であるとされ、2003年(平成15)に国の史跡および名勝に指定された。近畿日本鉄道橿原線ほか橿原神宮前駅からコミュニティバス「岡天理教前」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飛鳥京跡苑池

飛鳥時代の天皇皇居だった飛鳥宮跡北西に隣接する宮廷庭園。南北280メートル、東西100メートルの範囲に南北二つの池や水路、建物があり、南池では噴水用の石造物や水上舞台とみられる痕跡などが確認された。斉明天皇の時代に造られ、天武(てんむ)天皇の時代に改修されたとみられる。

(2019-08-09 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛鳥京跡苑池の関連情報